数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

「レーシック難民」を避けるために

最新Zレーシック、アイレーシック、FSレーザーを使用したレーシック、ウェーブフロント画像現在、「レーシック難民」とも言われているFSレーザーを使用したレーシック等の手術によって発症している後遺症や合併症である「ハロー」や「グレア」などは避けることができます!

とにかく絶対に「レーシック難民」になりたくない人、不運にも「レーシック難民」になってしまった人は、最新の高性能機器ときめ細やかな所まで手が行き届く確かな腕を持った眼科執刀医のいる施設をおすすめします!

★ 当サイトがオススメする絶対的信頼のある施設はここです!

FSレーザーを使用したレーシックを受ける場合、手術内容がまったく同じならば少しでも安い価格の眼科クリニックで手術を受けたいと思うのが心情です。

しかし、けっして早まってはいけません!

同じ内容の手術方法であっても「あなたの眼の状態」と「クリニックの設備」、そして最も重要な「執刀眼科医」によってその結果は大きく異なってきます。

特に、「角膜の厚さ」や「暗所瞳孔径」を無視した手術で、しかも使用機器の特性を熟知していない手先の不器用な執刀医による手術では、視力回復効果や「ハロー」「グレア」などの後遺症、合併症、再手術に大きく影響を与えてしまいます。

術前に押さえておくべき「重要ポイント」をしっかりと理解しておけば、「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症は避けることができます。

このサイトを参考にして、あなたの眼にとって「最適な視力回復の術式」を選択してくれる優良眼科クリニックと眼科医を見つけてください!

これまで、マイクロケラトームを使用した従来のケラトームレーシックから始まり、FSレーザーを用いたFSレーザーを使用したレーシックを経て、近年ではウェーブフロントなどの最先端技術を導入したウェーブフロント・FSレーザーを使用したレーシックを中心に、最新のアイレーシックやZレーシックなど様々な術式が誕生しています。

当初の「レーシック」の目的は、「角膜にレーザーを照射してメガネやコンタクトレンズを必要としない裸眼視力を回復させること」でしたが、やがて手術における安全性や正確性、品質向上などが要求され次々と改良・開発がなされてきました。

最近では、安全性を重視しながら同じ視力でも「見え方の質」を向上させることに主力が置かれており、FSレーザーを使用したレーシックを中心にウェーブフロント技術やFSレーザー、エキシマレーザーなどの技術開発が急速に進んでいます。

NASA(アメリカ航空宇宙局)では、過酷な作業を強いられる宇宙パイロットの近視治療法として、「FSレーザー」を使用するFSレーザーを使用したレーシックに「ウェーブフロント技術」を取り入れたエキシマレーザー照射による「ウェーブフロント・FSレーザーを使用したレーシック」の術式が認可されています。(代表的商標名がアイレーシックです。)

現在では飛躍的に機器性能および安全性が向上していますが、いくら最先端技術を導入した最新のFSレーザーを用いた最新Z・アイ・FSレーザーを使用したレーシックであったとしても外科的手術には変わりないので、「後遺症や合併症などのリスク」は完全に「ゼロ」ではありません。

事実、これまで「レーシック」を受けたほとんどの人に、程度の差こそありますが、「ハロー」や「グレア」が発生しており、改善して落ち着くまでに短い人でも数週間、長い人では3ヶ月から半年ほどかかっています。なかには数年間に渡り悩まされ続けている人もいます。

最近では、FSレーザーを使用したレーシックに「ハロー」や「グレア」などの後遺症や合併症を最小限に抑える最先端技術を導入したエキシマレーザーや高次元アイトラッキングシステムなどを導入した治療法が開発されていますが、それでも現時点では残念ながら「ゼロ」ではありません。

それでも、あなたはこれらの「リスク」を負ってまで「最新Zレーシック・アイレーシック・FSレーザーを使用したレーシック」を受ける覚悟がありますか?


    ● リスクを覚悟してまで本当に最新Z・アイ・FSレーザーを使用したレーシックを受ける価値があるのか?

    ● 術式の違いによる後遺症や合併症などのリスクを十分に把握しているか?

    ● 最新Z・アイ・FSレーザーを使用したレーシックなど、それぞれの特徴を理解しているか?

    ● 自分の眼の角膜の厚さや瞳孔などの詳細を把握しているか?

    ● 手術料金だけで眼科クリニックを選んでいないか?

    ● 執刀眼科医によって術後状態が異なることを知っているか?

後遺症や合併症の「リスク」を負ってまで真剣に裸眼視力を手に入れたい方は、術後に絶対に後悔しないためにも現在、主流となっているFSレーザーを利用した最新Zレーシック・アイレーシック・FSレーザーを使用したレーシックを中心にしっかりと勉強しておいた方が良いでしょう。

また、「FSレーザーを使用したレーシック・アイレーシック・Zレーシックの違い」を理解するには、

    1. FSレーザー(角膜表面に作成する「フラップの品質」に関わってきます)

    2. ウェーブフロント(同じ視力でも「見え方の質」に関わってきます)

    3. アイトラッキングシステム(眼の動きに伴う「照射ズレ」に関わってきます)

    4. エキシマレーザー(「視力回復効果」「後遺症」「合併症」「過矯正」に関わってきます)

上記のことについてしっかりと理解しておくことが必要です。→「FSレーザーを使用したレーシック・アイレーシック・Zレーシックの違いについて」

特に「ハロー」「グレア」「過矯正」などの後遺症や合併症が気になる方は、下記のページにエキシマレーザーの性能の違いによる影響を分かりやすく解説してありますので、一度は必ずご覧になることを強くおすすめします。

「エキシマレーザー性能の違いによる影響」


最後に、最新Zレーシック・アイレーシック・FSレーザーを使用したレーシックは「機器の性能」と「執刀医」によって大きく異なることを理解していただきたいと思います。このサイト情報が 「あなた」のレーシック手術のための参考サイトになれば幸いです。

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google