数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

「視力回復」から「見え方の質」へ

<< 「視力回復」から「見え方の質」へ >>


「見え方の質」“Quality of Vision”の時代へ突入!


近年の「レーシック」分野における医療用レーザーの研究開発には目覚しいものがあります。
毎年のように新技術が開発され最新機種に投入されています。


研究開発された先端技術導入の最新レーザーの性能は非常に高く、アメリカ食品医薬品局(FDA)における公開データを見てもわかる通り治験的結果もすばらしいものがあります。


近視治療で言えば度数が-7.0D程度であれば、「レーシック」手術さえ行えばほぼ100%の人が1.0以上の視力回復を期待できるというレベルに達しています。


つまり、「レーシック」が誕生した当時のエキシマレーザーを用いて角膜屈折力を補正し、近視を正視状態に矯正すると言う目標はほぼ達成されたと言って良いでしょう。


そこで、次に研究開発会社が注目したものが「見え方の質」の向上です。


確かに手術後には、夜間視力の低下やハロー、グレア、スターバーストの発生、コントラスト感度の低下などの症状は多少にかかわらず必ず発生しています。


ただ問題なのは、それらの症状が「一過性」のものなのか、「永続的」なものなのかと言う事です。


custom_4.jpe「レーシック手術」を希望する人は、現在の眼の状態やライフスタイル、経済的理由にもよりますが、求める視力回復の程度と「見え方の質」を気にかけます。


つまり、同じ視力でも「ぼんやり」見えるのではなく「はっきり」と見えることを希望します。


「レーシック」を受けることにより視力が回復しても、この「見え方の質」が低下してしまうのではないかと言うことを心配するあまり、「レーシック」手術を敬遠している人もいると思います。


しかし、最近では「見え方の質」にこだわった最新機種の導入により確実に「見え方の質」が向上しています。


「見え方の質」を向上させるためには、フラップの作成方法とエキシマレーザーの照射方法によって大きな影響を受けるため、上記2つの方法についての研究開発がなされてきました。


最初に手がけられたのがエキシマレーザーの研究開発です。


エキシマレーザーを照射する前に、ウエーブフロント技術を用いてその人の眼の詳細(低次収差、高次収差)を調べ、そのウェーブフロントデータを反映させることが出来るエキシマレーザー機器を開発し、その人の眼に最適なレーザー照射を行うことが目的です。


その代表的なエキシマレーザーが現在で活躍しているWaveLight社の ALLEGRETTO WAVE Eye-Q、CONCERTOやAMO社のVISX STAR S4 IR、B&L社の TECHNOLAS 217Z TechnolasPV社のTECHNOLAS 217P などです。


これらの機種も毎年のように改良が加えられその性能をアップさせています。


そして、もうひとつはフラップ作成時におけるマイクロケラトームからFSレーザーへの移行であり、現在ではさらにFSレーザーの性能をアップさせるための研究開発がなされています。


現在ではFSレーザーの代表機種であるAMO社のintralaseFS60を用いたFSレーザーを使用したレーシックが最も広く普及しており、実際の手術症例数も非常に多くなっています。


現時点では、このAMO社のIntralaseFS60で行うFSレーザーを使用したレーシックが「最も安定した視力回復」を提供しています。


実際、FSレーザーを用いたFSレーザーを使用したレーシックが最も広く普及しており、実際の手術症例数も非常に多くなっています。そして、「最も安定した視力回復を提供しているFSレーザーがAMO社のIntralaseFS60です。


LDV02.jpgしかし、同じ視力でもさらに「見え方の質」を向上させるための研究開発がなされ、AMO社のIntralaseFS60よりも高性能で新しいFSレーザーが開発されました。


その代表的な新FSレーザー機種が、最新のZレーシックで使用されているスイス(Ziemer社)のFEMTO LDVです。


これはIntralaseFS60よりも小さなエネルギーで角膜を切開し、しかも綺麗なフラップ面を作成するため「見え方の質」をさらに向上させています。 


 

iFS.jpgさらには、AMO社もIntralaseFS60の欠点をなくした小エネルギータイプの改良型で新機種であるIntralaseiFSを提供しています。


これらの最新型であるFEMTO LDVIntralaseiFSを用いて作成したフラップは薄くて均一でしかも切開面が非常に綺麗に仕上がります。その結果、エキシマレーザーの照射効果も高まり「見え方の質」を向上させることにつながっています。


今やレーシック分野は単なる視力回復だけに留まらず、同じ視力でも「見え方の質」=「Quality of Vision」の時代に突入しているのです。

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google