数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

受ける前にまず勉強を!

<<「レーシック」を受ける前には、必ず勉強を! >>


日本に上陸してから急速に普及した「レーシック」!


現在では最新のZレーシック、アイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックなどレーシックの術式の種類が増えています。


米国では1990年代から普及し始め、日本では2000年に「レーシック」に用いるエキシマレーザーが旧厚生省で認可されたことで広く一般的に知られるようになっています。


野球レーシックが日本に上陸した当初は、眼に手術を行うということで「怖い」と敬遠する人も多かったのですが、有名なスポーツ選手や芸能人などの体験談や口コミなどで徐々に広まり、この数年、急速に「レーシック」による手術件数が増えてきました。


多くの場合、「レーシック」を受けた体験者の「0.04の視力が1.5にまで回復し、今では1.3で安定している。外出時はメガネやコンタクトレンズなしで電車の広告もくっきり見える。手術してよかった。」などとの体験記や友人同士の口コミによる影響で手術を決心する人も多いようです。


実際、雑誌や新聞で紹介してある体験記事読んで手術を受けた人が多く、体験記や口コミによる影響は非常に大きいようです。


しかも、数年前までは日本眼科学会で手術費用を片眼につき20〜30万円かかるとしていましたが、最近では両眼で10万円程度と低価格を売り物にしている眼科クリニック施設も存在しています。


この低価格の背景には、都心では近視人口が非常に多く、数多くの患者を診ることで手術費用を低価格に設定することが可能となります。


したがって、都心でのレーシック施設は低価格だからといって信用できない眼科クリニックだとは一概に言えず、施設の良し悪しを見分けるのは非常に難しいところです。


つい最近では、低価格で1日で手術が可能だと謳っていた東京の銀座の眼科医院で集団感染が起きてしまいました。


これまで国内で年間50万件近くまで行われていた超人気の「レーシック」でしたが、2009年2月にレーシック手術を受けた患者約100人が感染性角膜炎や結膜炎を発症したことが明らかになったのです。


その後、眼科クリニックや病院の安全性や執刀医師の技術や信頼性に不安を抱く人が多くなってしまいました。


これまで真剣に近視眼治療に携わってきた眼科医は、

「レーシックは基本的に安全で実績ある確立した医療です。しかし、眼の手術であることに変わりないのでリスクは必ずあります。自分の適応を知ることはもちろん、眼科クリニックの適応検査や合併症に対する配慮や対応、術後のフォローなどをしっかりと行っているか確認することが非常に大切です。一生を左右する手術なので、しっかりと勉強してから受けてほしい。」

とアドバイスしています。


「レーシック」を受けるならアフターケアで選びましょう!


<< 正しい病院の選び方 >>


「レーシック」を受けたほとんどの人は、手術の結果に非常に満足しています。
しかし、他のいずれの医学的処置でもそうであるように、そこには必ずリスクが含まれています。


レーシックの限界と可能性のある合併症について理解することは非常に重要なことです。


レーシックを受けるに先立って、まず自分自身の価値観に基づいて手術のリスクと利益を慎重に比較検討すべきであり、手術経験のある友人や手術を勧める医師の言葉に左右されないように努める必要があります。


FSレーザーを使用したレーシック手術アフターケア(術後のケア)も手術前は目に見えない部分ですが、非常に重要なポイントです。


それもそのはず、アフターケアは、病院側にとってはほとんど利益を生みません。


アフターケアに時間をさく位なら、新しい患者さんの手術を行うほうが、病院にとっては利益につながります。それでもアフターケアに力を入れてくれる病院が、良い病院の条件だと思います。


信頼できる眼科クリニックとそうでない眼科クリニックの区別は、同業者であるレーシック分野で仕事をしている眼科専門医にとっては容易ですが、一般の患者にとってはこの区別は必ずしも容易ではありません。


また、アフターケアの重要性を最も感じるのが、何らかの不具合が起こったときです。
ある意味、手術の時以上に、医師の助けが必要かもしれません。


その時すぐに、担当医の先生に、適切な診断と処置を行ってもらえれば、どれほど安心かはわかりません。その逆に、「今は他の手術でスケジュールが一杯だから、1ヶ月先に来てください」と平気で言うような病院もあるようです。


みなさんなら、どちらの病院で手術を受けたいですか?


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google