数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

レーシック手術は、本来は眼の病気を治す医療行為である。

<< レーシック手術は医療行為である。 >>


一般的な外科的手術は、何らかの病気があり、その原因を取り除くために行われるものです。
つまり病気の治癒を目的とした医療行為なのです。


基本的に、病気の原因を取り除かなければならないという目的があるからこそ、多少のリスクがあっても患者は覚悟して手術を受けます。


最新 Zレーシック、アイレーシック、FSレーザーを使用したレーシック写真4病気の原因を手術によって取り除き、その後の生活を元に戻すという目的があるからこそ重要視されているのです。


しかし、近視などの屈折異常に対して行われるレーシック手術を一般的な外科手術と同様に考えるのは間違いです。


そもそも近視や乱視、遠視などの屈折異常は病気ではなく、メガネやコンタクトレンズを装用すれば、そのほとんどの人が通常の日常生活を過ごす事ができます。


よほどの事情が無い限りリスクを冒してまで屈折矯正手術であるレーシック手術を受けなければならないという理由が見当たりません。


それゆえに「何の為にレーシックを受けるのか?」が問われます。


この重要な理由がはっきりしていないのであれば、レーシック手術を受けるべきではないと考えます。


近視や乱視、遠視などの屈折異常を矯正するだけの目的であれば、レーシックを受ける必要がなく、メガネやコンタクトレンズで事足りると思います。


しかし、レーシックを受ける事によってメガネやコンタクトレンズを必要としない裸眼視力を回復することが可能となります。


しかも、入院の必要もなく短時間で、しかも手術後すぐに視力が回復し、痛みも手術とは思えないほどありません。


それゆえ、レーシック手術は近視が原因で自分の日常生活に困っている人にとっては非常に魅力があります。


2p_3.jpeそして、レーシック手術を受けたいと願う人の価値観やライフスタイルによってその意味は大きく異なってきます。


 

●「将来、就職したい仕事には裸眼視力での条件がある」、
●「メガネやコンタクトレンズなしでダイビングやサーフィンを楽しみたい」、
●「メガネをかけたくない」、
●「異性にモテたい」、
●「ひどいドライアイでコンタクトレンズも装用する事ができない」など、


様々な理由があると考えられますが、どんな理由にせよレーシック手術を受ける事によって発生するリスクを冒してまで本当に裸眼視力を回復させたいのかという問いかけを自分にたずねなければなりません。


そして、リスクの可能性を考慮し、それでも本心からレーシック手術を受けたいと切望するのであれば検討する価値は十分にあると考えられます。


レーシック手術を受ける際には、リスクとメリット、デメリットを把握したうえで、それが自分にとって本当に必要な手術なのかどうかを真剣に考えてください。


レーシック手術を受けるにあたって、レーシック手術の適応条件を満たしている人の中で、メガネやコンタクトレンズを装用するのが嫌で、レーシックによってメガネやコンタクトレンズと同じくらいに見えるようになりさえすれが、多少近視や乱視が残ったとしても、裸眼視力が回復して日常生活に不便がなければ良いと思っている方では、レーシック手術の結果に十分満足して喜んでいる方が多いようです。


それに反し、レーシック手術の適応条件を満たしておりメガネやコンタクトレンズの装用には不満はないが、レーシック手術を受けることによってメガネやコンタクトレンズを装用した場合よりも裸眼視力が向上するとのではないかと思っている方は、レーシック手術後の経過がたとえ良好であってもそれ以上のことを望んでいたために不満が残るようです。


しかも、レーシック手術を受ける事によって避けることの出来ない合併症によって、返って受けなければ良かったと考える方も多いようです。


しかし、最終的には遅くとも数ヵ月後にはそれらの合併症は治まることが多く、不満は減少するようですが、その数ヶ月間を我慢できるでしょうか?…。


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google