数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

レーシックを賢く受けるためのチェックポイント集

<< レーシック手術を受ける前のチェックポイント >>


1.レーシックの術式による違いを理解
2.術式による適応・不適応の確認
3.求めるライフスタイル視力の確認
4.自分の眼の状態把握
5.可能なレーシック術式の確認
6.合併症・リスクの確認と覚悟
7.加入保険による手術給付金の確認
8.信頼できる眼科クリニックの選択
9.保証期間と術後アフターケアの確認
10.手術スケジュールの確認
11.手術前後の注意点確認
12.定期検査と後遺症対策


1.レーシックの術式による違いを理解

  FSレーザーを使用したレーシックやウェーブフロント・FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックなどの
  レーシックの術式の特徴と違いを十分に理解しておく。

2.術式による適応・不適応の確認

   レーシックの術式によって適応・不適応が異なるので無料適応検査などで確認しておく。

3.求めるライフスタイル視力の確認

   日常生活やスポーツなど自分のライフスタイルに合った視力を確認しておく。

4.自分の眼の状態把握

   自分の眼の近視度数や乱視度数、角膜の厚さや暗所での瞳孔の大きさを把握しておく。

5.可能なレーシック術式の確認

   自分の眼の状態、特に角膜の状態によって受けられる術式が異なるので無料適応検査
   などで確認しておく。判定基準は各眼科クリニックによって異なるので、出来れば数ヶ所
   の施設で確認する。

6.合併症・リスクの確認と覚悟

   「ハロー」や「グレア」の合併症は最新の技術をもってしても、しばらくは必ず発生するので
   覚悟が必要です。落ち着くまでの期間は個人差があることを理解しておく。

7.加入保険による手術給付金の確認

   加入保険によって手術給付金が支払われる可能性があるので必ず保険会社に確認しておく。

8.信頼できる眼科クリニックの選択

   自分と眼科クリニックとの相性を含め信頼できる眼科クリニックを選択する。

9.保証期間と術後アフターケアの確認

   各眼科クリニックや術式によって保証期間やアフターケア体制が異なるので確認しておく。

10.手術スケジュールの確認

   いくら安全な手術とはいえ、不安が付きまとうので手術の内容を前もって調べておく。

11.手術前後の注意点確認

   手術の数週間前にはコンタクトレンズなどをはずす必要性や注意事項を確認しておく。

12.定期検査と後遺症対策

   手術後の後遺症などが発生しないように定期検査や点眼などのアフターフォローを
   確認しておく。


<< 信頼できる眼科クリニックのチェックポイント >>


 ■手術症例数の確認
 ■手術効果の実績を確認
 ■手術の種類と費用の確認
 ■使用機器の確認と性能の理解
 ■衛生管理と安全性の確認
 ■執刀医の専門性と経歴、経験
 ■眼科クリニックのコンセプト
 ■眼科クリニックと自分との相性
 ■所在地の利便性
 ■無料説明会の開催確認
 ■適応検査
   費用と所要時間の確認
   検査結果の確認と理解
   近視、乱視、高次収差の確認
   受けられるレーシック術式の確認と理解
   角膜の厚さ、形状など状態の確認
   ウェーブフロント照射の必要性の有無
 ■ライフスタイルに適した視力回復の確認
 ■自分が求める視力の基準
 ■遠方交通費支援・提携ホテルの確認
 ■託児所の有無確認
 ■保証期間・再手術対応の確認
 ■術後のアフターフォローと施設紹介の確認
 ■インフォームドコンセントの確認
 ■セカンドオピニオンの確認
 ■保険による手術給付金の確認
 ■万が一の失敗のときの対処確認


最も重要なチェックポイントは、眼科クリニックとして採算性の少ない
アフターフォローをしっかりと行っているかどうかです。


<< 執刀医についてのチェックポイント >>


  ●執刀医の専門性と経歴、経験が豊富であること。
  ●眼科専門病院での手術トレーニング経歴があること。
  ●レーシック手術専門機関でのトレーニング経験があること。
  ●日本眼科学会認定専門医の資格を有すること。
  ●レーシック手術の種類ごとの利点や欠点、リスクなどをしっかり説明してくれること。
  ●手術費用だけでなく術後の費用についての説明もあること。
  ●手術前と手術後の注意点を説明してくれること。
  ●適応検査についての説明をしてくれること。
  ●ウェーブフロントについての説明をしてくれること。
  ●フラップ作成の方法についての違いを説明してくれること。
  ●エキシマレーザーの違いについて説明してくれること。
  ●後遺症、合併症の対応についての説明をしてくれること。
  ●患者の質問に対し丁寧に説明してくれること。
  ●自分と執刀医との相性が良くお互いに信頼できること。


<< 手術に関するチェックポイント >>


  手術のスケジュールの確認
  手術前後の注意点
  手術内容の確認
  保証期間・再手術対応の確認
  アフターケアの確認
  万が一の失敗と後遺症の覚悟と対策


<< 最後に「心」のチェックポイント >>


  リスクをおかしてまで本当にレーシックが必要ですか?
  レーシックの基本的知識を身につけましたか?
  手術に使用する機種の性能や違いを理解していますか?


<< 「レーシック」手術を賢く受けるポイント >>


「レーシック」手術を受ける場合、最も重要なことは、自分の眼の状態(近視、乱視、瞳孔径、角膜の厚さや形状など)の把握と自分のライフスタイルに適した視力回復と見え方の質を認識しておくことが重要です。


近視だけで乱視もなく高次収差がきわめて少ない人は、角膜の厚さに余裕があってもウェーブフロント照射は必要はありませんし、近視で乱視も高次収差もある人で角膜の厚さに余裕がない人は、自分の希望する裸眼視力を手に入れる事は難しいかもしれません。


また、比較的若い方では手術を受けても近視の戻りがしばしば発生するので、再手術のためにできるだけ角膜の厚さに余裕を残しておいた方が賢明です。


また、暗所での瞳孔径がエキシマレーザー照射範囲よりも大きい人やエキシマレーザーの照射ズレによって「ハロー」や「グレア」が多少なりとも必ず発生します。


通常、わずかな焦点誤差は脳でうまく補正されて次第に違和感がなくなりますが、個人差によって数週間から数ヶ月と適応時間が異なっているようです。


夜間に作業の多い人や暗所での仕事が多い人では手術を受けない方が良いかもしれません。


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google