数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

リスクを覚悟して手術を受けないといけない人

<< リスクを覚悟して手術を受けないといけない人 >>


レーシック手術、特に最新のZレーシックやアイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックを受けることによって、安全でしかも短時間で裸眼視力を得ることができます。


しかし、安易に考えてはいけません!


「ハローなぜならば、必ず「ハロー」や「グレア」などの症状が現れ、こんなはずではなかったと、後悔することがあるからです。


特に夜間に作業を行う人や、パソコンや画像処理を業務として行っている方は注意が必要です。


さまざまな口コミや体験談をもとにして「リスクを覚悟して手術を受けないといけない人」をまとめてみました。ご参考になさってください。


●近視の軽い人でメガネやコンタクトレンズの使用で生活に支障がない人。


レーシックを受けようと考えている多くの方は、メガネやコンタクトレンズを使用しています。最新のFSレーザーを使用するZレーシックやアイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックがいくら安全な近視治療法だとしても外科的手術なのでリスクの可能性があるということを認識しなければなりません。
今までメガネやコンタクトレンズで満足していたのに、レーシックを受けたことにより合併症などが発生してしまった場合には、こんなはずではなかったと後悔するでしょう。
ですから、必要な時だけメガネやコンタクトレンズすれば良いと考えている人は、手術は受けない方が良いと思います。


●角膜が薄く再手術をする余裕がない人。


レーシックの手術では角膜の厚さが非常に大切になります。
一度、エキシマレーザー照射で削り取った角膜はもとには戻りません。
角膜が薄くて一度手術したら角膜の厚さが再手術するだけの余裕がなくなる人は手術はしない方が良いと思います。

  
●夜間や暗所での仕事を行う人。


レーシックはどのような術式でも手術後しばらくの間は必ず「ハロー」や「グレア」が発生します。
ですから、映像関係の仕事や夜間の作業や運転をする方で、特に暗所の瞳孔径が大きい人は数週間から数ヶ月間は影響が出る恐れがありますので受けない方が良いでしょう。
下手をすれば数年間は「ハロー」や「グレア」で悩まされることになります。
また、ハローやグレア以外にもコントラストや色温度に若干変化が出る可能性がありますので要注意です。(個人差が有ります)


●神経質な人やちょっとしたことが気になる人。


以前にメガネやコンタクトレンズを装用していた人は、レーシックを受けることによってメガネやコンタクトレンズで矯正した視力と見え方が異なることを気にする人がいます。神経質な人やちょっとしたことが気になる人は手術を受けない方が良いかも知れません。


●眼を擦ったり、よく眼をぎゅっと閉じる人。


人はさまざまな癖を持っていますが、眼をよく擦ったり強く眼を閉じる人がいます。そのような方は手術後に眼を擦ったり強く眼を閉じるとフラップにしわが出来たりずれたりして乱視などになる事がありますので手術を受けない方が良いかも知れません。


●面倒くさがり屋の人。


レーシックを受けてしまえば後は何もしなくても良いと考えている人がいます。しかし、手術後のメンテナンスは非常に重要で、特に3ヶ月間は定期健診を含め視力が安定するまで目薬などの点眼が必要です。
ですから、術後の非常に大切な数ヶ月のメンテナンスもできないような面道くさがり屋の人は受けない方が良いでしょう。


<<レーシックを受けよう!ちょっとその前に…! >>


メガネ基本的に、外科手術は何らかの病気の治癒を目的として行われる医療行為です。
まず病気を治さなければならないという前提があるからこそ、たとえリスクがあっても手術が必要となれば、患者もそれを承知して手術を受けます。


これは、たとえリスクの心配があっても、病気や怪我を治すことによって得られる恩恵の方が明らかに重要と判断できるからです。


しかし、屈折異常の矯正手術を同様に考えるのは間違いです。


そもそも屈折異常というのは病気ではなく、眼鏡やコンタクトレンズ を装用すればほとんどの人は日常生活をすごせるだけの矯正視力を得ることができるのですから、 よほどの事情が無い限りリスクを冒してまで屈折矯正手術を受けなければならないという理由が見当たりません。


「何の為にレーシックを受けるのか?」これがはっきりしていないのであれば、レーシックを受ける必要は無いと思います。


レーシックは視力を回復させる為に行う手術ですが、これだけを目的にするのであればメガネやコンタクトレンズで事足ります。


ライフスタイル「レーシックで視力が回復することで、なにが得られるのか?」
これはその人の価値観やライフスタイルによって大きく異なります。


「将来就きたい仕事に視力の条件がある」、「ダイビングやサーフィンをやってみたい」、「異性にモテたい」 など、色々あると思いますが、どんな理由にせよ本心から望んでいる事であれば、それをかなえる為にレーシックを検討する価値はあると思います。


レーシックを受ける際には、リスクとメリットを把握したうえで、それが自分にとって本当に必要な手術なのかどうか、真剣に考えてください。


手術適応条件を満たしている方の中で、メガネやコンタクトレンズに不満があり、手術でおおむね見えるようになれば少々近視や乱視が残ったとしても、以前より裸眼視力が向上し、日常生活に不便がなければ良いと考えられている方は、手術の結果に十分満足され喜ばれる方が多いようです。


手術適応条件を満たしていない方と条件を満たしていてもメガネやコンタクトレンズに不満はなく、手術を受けることによってそれ以上の視力が得られるのではないかと考えておられる方は、手術後の経過が良好であっても十分に満足されることが少ないようです。


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google