数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

角膜とフラップの関係を理解する

<< 角膜とフラップの関係を理解する >>


近視度数、角膜の形・厚さによって受けられるレーシック術式が違う!


<< フラップ作成の違いがキーポイント >>


従来のケラトームレーシックをはじめ、最新Zレーシックやアイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックの手術において、エキシマレーザーを照射する前に角膜にフラップを作成することは、「視力回復時間」や「手術前後の痛み」、「見え方の質」に関して大きな影響を与えるため非常に重要なポイントとなっています。


初期の角膜にフラップを作成しないで直接エキシマレーザーを照射するPRK法では、角膜上皮が再生するまでに時間がかかり、再生するまで痛みを伴うということで、その後、マイクロケラトーム(超小型の金属刃)を用いてフラップを作成する方法に移行したのです。


マイクロケラトームフラップを作成しないPRKよりもフラップを作成するケラトームレーシックの方が「視力回復が短時間で済む」「手術前後の痛みが軽減する」という非常に大きなメリットがあり、しかも実用的な方法だったのです。


さらに近年においては、単なる裸眼視力回復だけでなく「見え方の質」にも関心が集まり、正確で均一な厚さでしかも滑らかな切開面を持つ精密なフラップ作成が求められました。


この目的を果たすには高速往復運動によって切断するマイクロケラトームでは、厚さが不均一になり、しかも切開面には荒い凹凸ができるため不可能で、あらたな方法を用いなければならなかったのです。


FSレーザーそこで、角膜組織への熱ダメージを伴わないFSレーザーに注目が集まり、研究開発の結果、コンピューター制御によって正確な厚さで滑らかなフラップ面を作成することが可能となったのです。


しかも、マイクロケラトームで作成するフラップの厚さ160μより薄い100μで作成することができ、切り離されたフラップ面もより滑らかにすることが可能になりました。


しかも、このフラップ作成と近視の程度、角膜の形・厚さの関係によって受けられるレーシック術式が異なってくるのです。


<下の図をご覧ください。>


人の角膜は個人差もありますが平均的な厚さは約500μです。

そして眼圧やフラップの大きさなどの関係上、エキシマレーザーで削り取った残りの角膜の厚さ(角膜ベット)は250μ以上残すことが必要とされています。


そして、近視の程度によってエキシマレーザーで削り取る量が決まってきます。
例えば近視度数が-10Dの場合では、矯正には120μの厚さの角膜量が必要となります。


「一般的に近視が強ければそれだけ多くの角膜厚が必要となり、エキシマレーザー照射時のOZ/TZ(オプティカルゾーン/トランジションゾーン)のバランスが難しくなります。したがって「ハロー」や「グレア」の発生する可能性が高くなってしまいます。眼科医はOZ/TZを決定するためには、患者の暗所瞳孔の大きさ/ライフスタイル/近視度数/角膜厚などを総合的に判断して決定します。」


マイクロケラトームでフラップ作成した場合の厚さは約160μです。
FSレーザーでフラップ作成した場合の厚さは約100μです。


500μ(全体の角膜厚)-120μ(矯正削除量)-160μ(フラップ厚)=220μ<250μ (レーシック不可能)
500μ(全体の角膜厚)-120μ(矯正削除量)-100μ(フラップ厚)=280μ>250μ (レーシック可能)


   レーシック不可能   レーシック可能


★ 残す角膜ベットの厚さの基準は各眼科クリニックにより多少異なっています。
  より慎重な施設では300μ以上、最も薄いところでは250μとなっているようです。


一方の施設では不可能だったが、他方の施設では可能と言われることがありますが、上記理由のように安全基準が低いということが考えられますが、導入しているFSレーザーやエキシマレーザー機器の性能の違いもありますので、可能・不可能の理由をはっきりと見極める必要があります。

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google