数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

適応検査で確認しておきたい事

<< 適応検査で確認しておきたい事 >>


最新Zレーシックやアイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックどれをとってもメガネやコンタクトレンズを必要としないすばらしい近視矯正方法です。


しかし、残念ながら最新のZレーシックやアイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックは誰でも受けられるわけではありません。


tekioukensa.gifそれぞれの「レーシック」手術に適しているかどうかを調べる「適応検査」を受けてそれぞれの条件を満たさないと手術を行ってもらえません。


その適応検査の基準も、各眼科クリニック施設によって異なっています。


同じ術式の「レーシック」手術でも、角膜の厚さに十分な余裕が無いと合格基準に達しない眼科クリニック施設や、角膜の厚さがギリギリの場合でも手術を行ってくれる眼科クリニック施設もあります。


いずれにしても、まず、最初に適応検査を受けるべきでしょう。


この適応検査の条件を満たさない限りZレーシックやアイレーシック、FSレーザーを使用したレーシック手術は受けられないのですから。


いざZレーシックやアイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックなどの手術を受けようと決心して、眼科クリニックへ行ったとしても適応検査で条件を満たしていないから手術はできませんと言い渡されたらすごくショックを受けますよ。


「レーシック」をまず受けてみようかな考えたら必ず「適応検査」を受けてみるべきです。


それも、各眼科クリニックによって適応検査の基準が違いますので、1ヶ所だけの適応検査だけでなく、最低2ヶ所以上の眼科クリニック施設で適応検査を受けてみて眼科クリニックの基準を比較した方が安心して受けられます。


そして、適応検査を行った際に確認しておきたい大切なポイントは以下の通りです。


1) 近視と乱視のDiopter(ジオプトリー)
   Diopter(ジオプトリー):目の屈折力(光を屈折させるカ)はレンズの度の単位
2) 暗所での瞳孔径サイズ
3) 角膜の厚さ
4) 術式によって作成されるフラップの厚さ
5) エキシマレーザーの機種による削り取る角膜の厚さ
6) エキシマレーザーの機種による照射の性能

(参考になる測定結果)

Optical Zone(OZ):オプティカルゾーン
エキシマレーザーを照射する角膜中心からの範囲

Transition Zone(TZ):トランジションゾーン
OZの回りに設けられる境界の局所的な屈折の変化を防止するための範囲


最後に、それぞれの「レーシック」手術の術式による術後の合併症や後遺症、アフターサービスや自分が不安に感じていること、気になる事を必ず確認しておくことが大切です。


これらのデーターは、各眼科クリニック施設の導入機種や技術的な差、安全基準を比較をするために最低必要なデータとなります。


角膜の削り取る量はエキシマレーザー機器の種類、照射パターン、Optical Zone、暗所瞳孔径のサイズによって異なりますので、使用するエキシマレーザー機器の種類と性能も確認しておいたほうが良いかも知れません。


<< エキシマレーザー照射による角膜の切除量について >>


・エキシマレーザーの機種によって性能や削除量が異なります。
・近視の度数(ジオプトリー:D)毎に、約14μm削除されます。
・乱視があれば乱視度数毎に同程度の切除量が必要です。
・-10Dの乱視が無しであれば140μm、乱視が-2Dならさらに28μmが必要です。
・OZが狭い場合には切除量が少なくなります。


<< 最終的に確認すべきポイント! >>


・自分が希望する術後の裸眼視力
・眼科医が見込んでいる術後の裸眼視力
・手術後の予想される視力の誤差
・希望裸眼視力にするには、どれくらいリスクが発生するのか
・夜間などの見え方に影響あるかどうか
・合併症の有無と期間


上記ポイントは必ず確認し、自分で納得してからでないと「レーシック」手術は受けるべきではありません!あとで後悔しないためにも必ず納得してから受けましょう!


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google