数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

成功への必要不可欠な2つの要素

<< 成功への必要不可欠な2つの要素 >>


最新のZレーシック、アイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックにおいて、これらの手術を成功させるには下記の2つの重要な要素が揃っていなければりません。


  1.最新鋭の設備・機器
  2.経験豊富な眼科医


ひとつは、「レーシック」の手術の際に使用する設備と機器です。


レーシックは外科的手術と変わりないので、当然、手術室や使用器具の衛生管理が必要で、特に感染症に対する手術室の空気清浄装置や器具等の滅菌装置などの設備は必須です。


先日の社会的問題にまで発展したレーシック感染症がまだ記憶に新しいのですが、この事件を発端に感染症に対する意識が非常に高まり、現在ではどこのレーシック施設でも感染症対策は万全になっているようです。


また、手術後の「視力」や「見え方の質」は使用機器の性能に頼るところが大きく、特にFSレーザーやエキシマレーザーの機種の能力に大きく左右されます。


オーダーメイド的な個人の持つ高次収差などを測定するには最新鋭の高性能ウェーブフロント解析装置が必要ですし、当然、このウェーブフロント解析装置で測定したデータにリンクすることのできる相性の良い高性能エキシマレーザーも必要になってきます。


FSレーザーに関しては、従来の超小型の金属刃であったマイクロケラトームの手動操作によるトラブルを改善するために開発されたのですが、正確性と精密性が向上したため「見え方の質」まで向上することが可能となり、現在のさまざまな術式の「レーシック」にはなくてはならない必須の機器となっています。


FSレーザーといえば世界的にシェアを占めていたIntralaseFS30/60が非常に有名で、この機種を使用したレーシックをFSレーザーを使用したレーシックと呼んでいます。(正確にはFSレーザー・レーシックと呼ぶべきかもしれません…?)


そして、最近ではIntralaseFS30/60の唯一の欠点であった角膜組織へのダメージを減少させる低エネルギー照射を可能としたFEMTO LDVが開発されました。


  LDV


このFEMTO LDVを使用して行うレーシックをZレーシックと呼んできます。


これに対抗して、IntralaseFS60の改良型であるIntralase iFSが開発され、このIntralase iFSも角膜に対するダメージを極力抑えた設計になっています。


このFEMTO LDVとIntralase iFSとの違いは何かとよく聞かれますが、大きな違いはフラップ辺縁の切り取り角度です。


FEMTO LDVを開発したスイスのZiemer社はマイクロケラトームを開発提供してきた老舗の会社で、そのマイクロケラトームでフラップを作成する過程をFSレーザーで実現しているのです。


FEMTO LDVはフラップ面の厚さの均一性や滑らかさは非常に綺麗なのですが、マイクロケラトームで作成したフラップ辺縁と同じように鋭角になっており、フラップがずれ易いとも言われています。


一方、最新型のIntralase iFSでは同様にフラップ面を綺麗に仕上げると同時にフラップ切除辺縁の角度も90度以上にすることが可能なので、マンホールのフタのようにしっかりと元に戻すことができ、フラップはずれにくいとされています。


しかし、このフラップのズレに関するデータは少ないようです。


FEMTO LDVとIntralase iFSどちらにしてもフラップ面の厚さを薄く均一にすることができ、しかも剥離面は非常に綺麗に仕上げることができるため「見え方の質」に大きく貢献しています。


エキシマレーザーに関しては、照射ポイントの切り取り形態による切除面の仕上がりや角膜への照射範囲、つまりオプティカルゾーン(OZ)の大きさやトランジションゾーン(TZ)調整の可否によって結果に影響が出る可能性があります。(特に強度近視の方や暗所瞳孔径の大きい方には必須の性能かもしれません。)


OZ照射範囲を大きくすることが可能で、しかもその照射範囲を調整可能なエキシマレーザー機種は非常に優秀で、軽度近視の方から強度近視の方まで「ハロー」や「グレア」防止することが可能で広くカバーできます。


しかしながら、導入には高額な費用がかかるため日本ではまだ数台しか存在しないようです。


さらには、オーダーメイド的な高次収差を補正可能とするウェーブフロント技術を導入するには、最新鋭の測定器とウェーブフロント解析装置のデータを詳細にわたって忠実にリンクできる機能がエキシマレーザーに装備されている必要があります。


  クリックで拡大します


ウェーブフロント解析装置にウェーブスキャン、FSレーザーにIntralaseFS60/iFS、エキシマレーザーにVISX Star S4 IRを使用したレーシックを特にアイレーシックと呼んでいます。


最後に照射ズレを防止するために開発されたアイトラッキングシステムです。


このアイトラッキングシステムは今ではほとんどのエキシマレーザーに実装されているはずですが、その性能にはやはり差があります。


初期のアイトラッキングシステムでは3次元までしかセンサーがなかったのですが、現在では安全性や照射の正確性が非常に重要となってきているため、5次元や6次元のセンサーを装備したアイトラッキングシステムが開発されています。


この装置のおかげで照射ズレによる「グレア」などの光のにじみ現象を最小限に抑えることができます。


そして、レーシックを成功させるもうひとつの要素は、患者に最善な術式を提案することができ、使用する優れた機器を使いこなせる執刀眼科医の存在です。


経験豊富で本当に患者のために手術を行ってくれる眼科医は、手術前のカウンセリングからあなたの眼の状態や角膜の形・厚さ、年齢やライフスタイル、希望する視力など親密に相談に乗ってくれ、手術時にはこれらの条件を満たすためのさまざまな条件決定や機器設定を行ってくれます。


また、そうでなければ患者の希望する視力は期待できません。


さらには、万が一のときにも適切な処置ができる知識と経験を持ち合わせた眼科医であれば非常に心強いものです。


緑内障手術、糖尿病レーザー硝子体手術、網膜硝子体手術、角膜移植、眼科形成手術、白内障手術などの経験があれば非常に安心です。


以上の様に、いくら最新式で高性能のレーシック機器が揃っていても、それを駆使して手術を行う執刀眼科医が患者のために最善の努力をしてくれなけらば手術の成功はありえません。


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google