数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

「レーシック」手術の共通的な特徴

<最新Z、アイ、FSレーザーを使用したレーシックなど「レーシック」手術の共通的な特徴>


昔から近視や乱視、遠視などの屈折異常はメガネ、コンタクトレンズに頼らざるを得ないものでした。


しかし、近代医学の目覚しい発展によりメガネやコンタクトレンズに代わる第3の視力矯正法として医療用レーザーを用いて屈折異常を治療する「レーシック」手術が誕生しました。


「レーシック」手術が誕生


レーシックはメガネやコンタクトレンズを使用しないで根本的に屈折異常を治療して裸眼で正常な視力を得ることができます。


しかも、手術時間が短く、痛みも伴わず、入院の必要もなく手術当日に帰れるということで、忙しい現代人にとって画期的な近視治療として広く受けいられています。


先進国であるアメリカでは「レーシック」は、1995年、世界でもっとも厳格な基準を持つといわれるFDA(アメリカ食品医薬品局・日本の厚生労働省に当たる機関)がエキシマレーザー治療による矯正手術の認可を得た安全な手術として始まり、近視の1割以上の人が「レーシック」を受けているほど、人気の高い治療法となっています。


1999年、プロゴルファーであるタイガーウッズがレーシックを受けて以来、プロゴルファーのみならず、野球、サーフィン、スキーなど、あらゆるスポーツの選手に「レーシック」手術が広まりました。


もちろん、今では日本でもレーシックは非常に人気で、特に従来のレーシックよりも精度が高く安全な最新のZレーシックやアイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックを中心に人気を呼んでいます。


これらの「レーシック」が人気である理由として


「安全性が非常に高い」
「手術が短時間」
「日帰り手術であること」
「手術中、術後における痛みがほとんどない」
「手術後の視力回復が早い」
「視力が短期間で安定する」
「弱度の近視から強度の近視まで矯正度数の幅が広い」

といった理由があげられるようです。


「レーシック」の効果は、個人差があるので一概には言えませんが、例えば、メジャーリーガーである松坂大輔選手の場合では、術前視力0.05が術後視力1.5になり、俳優の松方弘樹さんの場合では、術前視力0.05が術後視力1.2になったようです。


一般的には、メガネやコンタクトレンズを装着した時と同じくらいか、もしくはそれ以上の視力が回復ているようです。


■レーシック手術の概要


・手術を行うには眼球の角膜や瞳孔径、眼底などの術前の詳細な適応検査が必要です。
・適応検査で合格した場合、インフォームドコンセントで説明が行われ手術内容に合意します。
・術前の注意事項を理解し施術に望みます。
・従来のレーザー手術(PRK)に比べて、術中・術後の痛みをほとんど伴いません。
・手術では点眼麻酔をした後にマイクロケラトームもしくはFSレーザーにて角膜にフラップを作成します。
・フラップをめくってから角膜実質層にコンピューター制御されたエキシマレーザーを照射します。
・エキシマレーザーでは1000分の1mm単位の精度で角膜形状に補正を行います。
・手術所要時間は両眼で15分〜20分程度です。
・そのうちエキシマレーザーの照射時間はほんのわずか数十秒程度です。
・照射後にはフラップを元に戻し、しばらく安静にします。
・手術後は30分程度休憩室で休んでから帰宅できます。
・もちろん入院の必要はありません。
・早い人では、 術後間もなく視力が回復してきます。
・視力の回復が早く、術後の痛みもほとんどないため視力は当日から回復します。
・手術をされたほとんどの人が最も感動を受けるのは、翌日の朝に目覚めた瞬間です。
・目覚めた瞬間、今まで見えなかった時計の時刻や、周りの視界が全てクリアーに見えます。


■レーシック特徴のまとめ

・眼の麻酔は点眼麻酔を行いますので、注射などの痛みやショックはありません。
・手術時はもちろんのこと術後もほとんど痛みを伴ないません。
・手術に要する時間は両眼同時に行っても20分前後で終了します。
・角膜表面にフラップ(フタ)を作成するため、術後の痛みがなく回復が早くなります。
・安全なエキシマレーザーを使用しますので手術による出血はありません。
・レーシック手術は日帰りで行うことができるので入院の必要はありません。
・回復が早いため翌日には仕事も可能です。(できれば休暇を取って受けた方が良いです。)


■レーシック手術に適している人


・メガネやコンタクトレンズで視力矯正のできない人
・スポーツを裸眼で楽しみたい方やプロスポーツ選手の人
  (プロ野球、プロゴルファー、レーサー、マリンスポーツ、サッカー、ラクビー、格闘技など)
・仕事柄メガネやコンタクトレンズが装用できない方人
  (消防士、警官、自衛隊員など)
・ドライアイやアレルギーでコンタクトレンズが適さない人
・左右眼の度数差の強い人


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google