数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

準備から手術までの流れ

<< 最新Zレーシック、アイレーシック、FSレーザーを使用したレーシック、準備から手術までの流れ >>


これから「レーシック」を受けようと考えている人のために「準備から手術までの流れ」をまとめてみました。


<手術を受けるための準備>

● レーシックの原理や長所・短所などの特徴を調べる
● 術式の違いによる特長やリスクについて理解する
● 自分のライフスタイルを考慮して希望視力をまとめる
● メール相談などで疑問や不安な点について相談する
● 数ヶ所の適応検査を受けて自分の眼の状態を把握する
● 適応検査後のカウンセリングで希望視力の可能性とリスクについて問う
● 手術前に加入保険会社に手術給付金の確認を行っておく
● 本当に手術を受ける価値があるのかを再確認する
● 慎重に手術を受けたい眼科クリニックを選ぶ


<手術までの流れ>


【初診(適応)検査】

1.眼科クリニックの選択
2.来院
3.問診
4.屈折度数検査
5.眼圧検査
6.角膜内皮細胞検査
7.眼底・網膜検査
8.角膜厚検査
9.角膜形状検査
10.ウェーブフロント検査
11.矯正視力検査

【カウンセリング診察】

12.検査結果の説明
13.角膜・水晶体・前眼部診察
14.網膜・後眼部診察
15.インフォームドコンセント

【手術の予約】

16.手術の申込み

【手術】

17.点眼麻酔
18.フラップ作成
19.エキシマレーザー照射
20.休息

【手術直後検査】

21.手術直後の視力検査
22.手術直後の診察
23.帰宅


【術後の定期検査】

24.翌日、1週間後、1ヵ月後、2ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後の診察


<レーシック手術前の注意事項>


●手術直後は洗顔やシャワーを制限されるので、手術前日には必ず身体を綺麗に洗っておきましょう。
●当然ながら手術前日からは化粧などは禁止されます。
●手術直前の検査は簡単なもので、角膜形状測定および視力測定などが行なわれます。
●手術が終わって数時間後には視力が回復しますが、まだ安定しませんので車の運転は禁止されています。
●できれば帰宅には付き添いの人がいれば安心です。
●手術後の帰宅や外出時には防護用のサングラスをしなければなりません。
●術後1週間は外出時に保護用のサングラスをしなくてはなりませんので、気になる方は休暇を取っておいた方が良いかもしれません。


<手術当日の注意事項>

 手順
●髪の毛が長い方はヘアバンド等を持参しましょう。
●手術後は車の運転はできないので、車は控えましょう。
●眼に負担のかかる服装は控えましょう。


<レーシック手術後の注意事項>


●手術の翌日には術後の眼の状態を診察するため必ず来院しましょう。
●1週間は眼を保護するために、外出時には保護用サングラスを着用すること。
  (特に女性はレーシックを受ける際には休暇を取っておいた方が良いでしょう。)
●睡眠中に眼を擦る可能性があるので、就寝中は保護用カバーの着用が必要です。
●感染症予防のための内服薬や点眼薬の使用・容量は厳守すること。
●角膜の治癒回復が遅れるため飲酒、喫煙は最低3日間は控えなければなりません。
●眼に負担のかかるスポーツは角膜が完全に接着するまでの期間約1ヶ月くらいは控えます。
●夜間、光源の周りがぼやけて見えるので車の運転はなれるまで数週間は控えます。
●眼に衝撃が加わりフラップのずれが発生した可能性がある場合には直ちに眼科クリニックに診察する必要があります。


その他、詳しい内容は眼科クリニックの担当医におたずねください。


★遠方から大手有名眼科クリニックでの無料適応検査や最新Zレーシック、アイレーシック、FSレーザーを使用したレーシックを受ける場合には、近くのホテル(提携ホテルを利用すると安くあがります)を予約しておいた方が良いと思います。


地方や近所にある個人眼科クリニックで従来のケラトームレーシック手術を受けるよりも、高品質で低価格設定のFSレーザーを使用したレーシックを行っている大手有名眼科クリニックで受けた方が良い場合があります。


最近では提携ホテルや交通費支援を行っている有名眼科クリニックが多くなりました。
たとえ交通費やホテル代を差し引いても安く上がる場合があります。
一度検討してみる価値はあると思います。


当然、その場合には受ける眼科クリニックで地方での定期健診等を受けれるように紹介状を書いてもらえるか事前に確認しておいてください。


<友人の彼女プチ体験談>


彼女は手術前は両目とも0.05ぐらいだったのですが、右1.5 左1.2に視力が回復しました。
すごい回復力です。フラップのズレやシワもなく順調です。

次の検診は3ヵ月後で、それまでは処方された目薬を定期的にさすだけでいいみたいです。

あと、彼女は手術後に夜間のハロー現象や眼が乾くのを実感していました。
それは3〜4日間ほど続いたようですが、それも1週間ぐらい経過すると全く気にならなくなったみたいです。

そして現在では快適な裸眼生活を満喫し、自分の周りの友人にもすすめていますよ。

友人の彼女ただ、注意点としては毎日の目薬をさす回数が多いこと、手術後1週間は化粧はできなかったこと、洗顔時にはかなり気を使ったようです。

もし、仕事などをしているようでしたら最低でも3日〜1週間ほど休暇をもらった方がいいと思います。術後1週間ほどは外出時にサングラスをしなければならないし、化粧もできないようです。特に女性にとってはとても大切なポイントですね。

最後にレーシック(正確にはFSレーザーを使用したレーシック)を受けた彼女は、まるで生まれ変わったように明るくそしてさらに活発になったような気がします。

近視で悩んでいる方にはレーシックによる手術は価値はあるようです。
その人の人生観をガラッと変えてしまうような魔力があるみたいですね。

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google