数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

レーシック技術の進化

最新「Zレーシック」や「アイレーシック」、「FSレーザーを使用したレーシック」を受けようと考えている人は、必ず「レーシック」に関わる技術の進化について勉強しておく必要があります。


そうしないと「レーシック」にはたくさんの種類の術式があるため、いったいどの術式が自分にとっていちばん良いのかが分からなくなってしまいます。


当然、それぞれの術式が誕生した理由や特徴、リスクなどについても知っておく必要があります。


そのためには、「レーシック」に関連するの技術の進化過程を理解しておくと便利です。


<< レーシック技術の進化 >>


当初の「レーシック」の目的は、近視の角膜に「エキシマレーザー」を照射してその屈折力を調整してメガネやコンタクトレンズを必要としない裸眼視力を回復させることでした。


最初の頃は「フラップ」を作成せずに「エキシマレーザー」を直接角膜に照射する方法である「PRK」でしたが、視力の回復が遅く、術後の痛みや角膜混濁が起こることがあったため、あまり普及しませんでした。


マイクロケラトームそこで、「マイクロケラトーム」という超小型のカンナのような金属刃を用いて角膜表面に「フラップ」(潜水艦のハッチのようなフタ)を作成して「エキシマレーザー」を照射する方法が手術前後の痛みがないこと、手術後の視力回復効果が早いこと、角膜混濁も起こらないことなどの利点が多く、「レーシック」の元祖とも言われる「ケラトームレーシック」が世界的に普及しました。


しかしながら、「マイクロケラトーム」を使用しての「フラップ」作成は、超小型である金属刃が左右に高速振動しながら角膜面を切って進むため「フラップ」の厚さが不安定になり、「フラップ」の切開面もやや精密さに欠けてしまい、夜間では光源の周囲がかすんで見える「ハロー」現象が起こりやすくややクリアさに欠けることが分かりました。


さらには「マイクロケラトーム」は手動で操作を行うため、その操作には熟練を要し経験不足の執刀医ではしばしば「フラップ」作成時にトラブルが発生しました。


FSレーザーを使用したレーシックそのため、これらの手動で操作する「マイクロケラトーム」の欠点を克服するためにコンピュータ制御で操作する「フェムトセカンドレーザー(FSレーザー)」を用いての「フラップ」を作成する「FSレーザーを使用したレーシック」が開発されました。


この「FSレーザー」は1000兆分の1秒のレーザー光で角膜に熱変性を与えることなく切除できるレーザーで、高性能コンピューターで正確に制御されます。


ですから「FSレーザーを使用したレーシック」では「マイクロケラトーム」よりも非常に安全でしかも正確で滑らかな「フラップ」を作成することが可能となり、視力回復速度、安全性、正確性が向上し、さらには「ハロー」や「グレア」などの後遺症や合併症も少なくなりました。


上記のような理由により「FSレーザーを使用したレーシック」は従来の「ケラトームレーシック」をはるかに上回る超人気となりました。


そして、「FSレーザーを使用したレーシック」の素晴らしい実績により「レーシック」の当初の目標であった裸眼視力による回復はほぼ達成されたのです。


ウェーブフロントしかし、同じ視力でもその見え方のクリアさ、つまり「見え方の質」に関心が集まり、個人の持つ角膜の「高次収差」を補正可能な「ウェーブフロント」技術に注目が集まりました。


この「ウェーブフロント」技術を応用した「エキシマレーザー」照射には大きく2種類の方法があり、個人の持つ角膜の状態に応じて直接的に補正照射する「ウェーブフロントガイディッド」照射同じタイプの補正をパターン化した照射を行う「ウェーブフロントオプティマイズド」照射があります。


「アイレーシック」では「ウェーブフロントガイディッド」照射を行うのですが、AMO社製の「IntralaseFS60」「 WaveScan」「 VISX S4 IR」の3機種を用いて手術を行った場合に限って「アイレーシック」の商標名称を使用します。


FEMTO LDV「FSレーザーを使用したレーシック」や「アイレーシック」での「フラップ」作成には高性能で実績のある「IntralaseFS60」を使用していますが、求めている「見え方の質」のレベルが高くなったため、わずかな欠点であったレーザー照射時の角膜組織へのダメージを軽減するために、低エネルギー「FSレーザー」である「FEMTO LDV」が開発されました。


この「FEMTO LDV」を使用した「レーシック」を「Zレーシック」と呼んでいます。


最近ではわずかな欠点を持っていた「IntralaseFS60」に改良が加えられ、低エネルギーで角膜へのダメージを極力抑えた「Intralase iFS」が開発され、さら綺麗で高品質のフラップ作成が可能となっています。


この「Zレーシック」に、視力回復効果、正確性、安全性、そして「自然な見え方の質」を追求した5次元「アイトラッキングシステム」搭載の最新型高性能「エキシマレーザー」である「アマリス」を使用した場合には、「アマリスZレーシック」と呼び、現時点では最新型最高級の裸眼視力回復効果が期待されており大注目を集めています。


Technolas217Pさらには眼球の回転までを補足する6次元「アイトラッキングシステム」「テクノラス217P」が「ハロー」や「グレア」の少ないクリアな裸眼視力を提供しています。


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google