数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

熟練が必要なマイクロケラトーム

<< 熟練が必要なマイクロケラトーム >>


「レーシック」の目的はエキシマレーザーを照射して角膜を削り取り、光の屈折率を補正することによって裸眼で物を見れるようにすることでした。


最初は、角膜に直接エキシマレーザーを照射する「PRK」でしたが、視力回復に時間がかかることや手術後に痛みを感じることが欠点だったため、角膜を薄く削ってフラップ(マンホールのフタの様なもの)を作成し、ヒンジ(一部をつなぎ合わせておく部分)を作っておき、めくってから角膜実質にエキシマレーザーを照射して最後にフラップをもとに戻す「ケラトームレーシック」の術式が採用されるようになりました。

フラップ作成1  フラップ作成2


このフラップ作成のおかげで、「視力回復時間の短縮」、「術後痛の激減」などが可能となり、急速に世界に普及しました。


マイクロケラトームこの術式は、単なる「レーシック」と呼ばれていましたが、他の術式と区別するために最近では「ケラトームレーシック」と呼ばれることが多いようです。


そして「ケラトームレーシック」で使用するのが、「マイクロケラトーム」と呼ばれる器具で超小型の金属刃で構成されています。


しかし、このマイクロケラトームの操作は手動で行うため、かなりの熟練を要し、経験の浅い執刀医では途中で穴が開いたり不均一な厚さになったり、一部をつなぎとめておくヒンジ部分を残せず完全に切り取ってしまったりするトラブルがしばしば発生していました。


現在では、「レーシック」と言えばマイクロケラトームの代わりにFSレーザーを使用する安全な「FSレーザーを使用したレーシック」が主流となっていますが、それでも高額な資金を捻出できない地方の個人眼科クリニックでは「ケラトームレーシック」が行われています。


このフラップ作成は他の「レーシック」の術式においても非常に重要なポイントとなります。

まずは、その重要な役割を担う手術器具である、マイクロケラトームについて解説します。


<主に使用されているマイクロケラトーム>


日本でよく使用されているマイクロケラトームには、日本のニデック社製MK-2000仏モリア社製M2の2機種があげられます。


他にも世界で主流となっているいくつかの機種がありますが、欧米人と日本人とでは眼のサイズが違うため、欧米で頻繁に使用されているマイクロケラトームでは日本人にはあまり向いていないようです。


MK-2000とM2


そのため、日本人の眼に適しているニデック社製のMK-2000と仏モリア社製のM2の2機種が主に使用されているようです。


<マイクロケラトームの特徴>


マイクロケラトームにはさまざまな種類がありますが、その多くはブレード(金属刃)を往復運動させて角膜に切れ目を入れてフラップを作成します。


一般的なマイクロケラトームで作成するフラップの厚さは、約150ミクロン(0.15mm)ですが、最近では、130ミクロンヘッド、110ミクロンヘッド、90ミクロンヘッドなどがあります。(ヘッドとはマイクロケラトームの先頭の部分)


90ミクロンヘッドの導入により、より薄くフラップを作成することができるため、さらに手術の適応範囲が広がりました。(90ミクロンとはFSレーザーを使用したレーシックと同じぐらいのフラップの厚さ)


ブレード(金属刃)の材質にはステンレス、ダイヤモンド、サファイヤなどが使用されています。
(ブレードは、感染症が社会的問題になってからは主に1人1枚の使い捨てになっています)


眼球を固定するリングは、数種類のサイズから平らな角膜や突出している角膜の形状に応じて選択されます。


ブレードが入ったヘッド部分は従来のタイプでは耳側から鼻側に切り進みますが、最近はフラップの安定に有利な頬側から額側に進むアップダウン方式が多いようです。(アップダウン方式の方がヘッドは回転軸で動くため止まることが少なく安全だからです)


<マイクロケラトームで作成するフラップの欠点>


マイクロケラトームで作成するフラップの辺縁つまりエッジはブレードは角膜面に対し斜めに入ってゆくので、フラップ周辺の断面も斜めに作られます。


フラップ作成時には一部、角膜につなげておくヒンジ部分を残しフラップをめくります。


その後、エキシマレーザーをフラップをめくった部位に照射するのですが、この照射時間の間にフラップは乾燥してやや小さくなるのですが、照射後、フラップは元の部位に戻されて水分を吸収して徐々に大きくなります。


フラップのエッジこの時にフラップのエッジが元の位置よりも外側に広がって微小な段差が出来る場合があります。このような状態でまばたきを繰り返してしまうと段差がきっかけでエッジが滑ってフラップにシワやズレが起こることがあります。


また、角膜の形状によってフラップの厚さを一定に保つことが困難なことがあったり、ブレードの往復運動によりフラップ面に微細なスジが残ってしまい、粗悪になってしまったフラップ面でウォッシュボード(洗濯板)エフェクトという夜間のクリアさを低下させる現象が起こる場合があります。


ウォッシュボード(洗濯板)エフェクトとは、雨の日に車のワイパーを動かしたときにガラス面に細かなスジが形成されて光の周囲がボンヤリ見える現象と同じです。


通常の「レーシック」つまり「ケラトームレーシック」ではマイクロケラトームの金属ブレードの往復運動による微細なスジがフラップ面にできるため「見え方の質」が落ちることが多くあります。


●フラップのエッジが鋭角になっているため衝撃でズレたり、シワになる可能性がある。
●フラップの厚さを一定にするため強い吸引が必要で網膜などへの負担が大きい。
●フラップの厚さが厚くなり、矯正後の残された角膜が薄くなり強度が落ちやすい。
●ブレードの往復運動による微細なスジがフラップ面に残ってしまう。
●「見え方の質」を向上させる精度まで追いついていない。


★このような欠点を克服するためにFSレーザーを用いるFSレーザーを使用したレーシックが開発されたのです。

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google