数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

トポリンク照射とウェーブフロント照射

<< トポリンク照射とウェーブフロント照射 >>


現在、「見え方の質」を向上させると言われているFSレーザーを使用したレーシックやアイレーシックで、ウェーブフロント照射やトポリンク照射などのカスタム照射を行うには、メガネやコンタクトレンズで補正可能な「低次収差」はもちろんのことメガネやコンタクトレンズでは補正できない非常に小さな凹凸である「高次収差」をも正確に測定する必要があります。


トポグラフィーその「低次収差、高次収差」を測定する方法には、角膜表面のみの小さな凹凸を測定するトポグラフィー角膜形状解析装置を用いる方法と角膜の前面のみならず角膜後面、角膜厚の分布等をも測定するオーブスキャン角膜形状解析装置、角膜や水晶体、網膜などの眼球全体の歪みを測定するウェーブフロント波面解析装置による方法などがあります。


トポリンク照射とは、ウェーブフロント照射同様、収差の増加を防いだり、既に存在する収差を取り除く事を目的としたカスタム照射法です。


ウェーブフロント照射が眼全体の収差を打ち消すように照射を行なうのに対し、トポリンク照射は角膜だけの収差を無くすように照射を行います。


●ウェーブフロント照射は、角膜や水晶体を含めた個人の持つ眼全体のゆがみを含めた高次収差をウェーブフロント技術を用いて測定し、そのデータをもとにしてエキシマレーザーによって補正します。


●トポリンク照射は、角膜のみの歪みをトポグラフィー、オーブスキャン角膜形状解析装置を用いて測定し、そのデータをもとにしてエキシマレーザーによって補正します。


眼球構造ウェーブフロント照射は角膜以外(主として水晶体)に含まれる収差を角膜を削って矯正するので、場合によっては角膜が本来の形状(歪みの無い、滑らかな曲率の連続面)とかけ離れた形になることが考えられます。


しかし、トポリンクはあくまでも角膜の収差を取り去ることを目的としており、これは言い方を変えれば、角膜形状を本来の形状にする事が目的であると解釈できます。


したがってトポリンク照射を行うためには、個人の持つ特有の角膜の形状データを詳細に計測できる高性能な装置が必要となります。


<トポリンクの特性>


ウェーブフロント照射で取り去ろうとする眼全体の収差とは、そのほとんどが角膜と水晶体に含まれますが、水晶体は見ようとする対象物の距離に応じて厚さが変化します。


形状が変わるのですから収差も変動しています。
また、長期的に考えると水晶体の収差は加齢とともに変化します。


つまり、眼全体の収差は一定ではないのですから、術前検査時に測定した収差はあくまでも一時的な収差という事になるので、その収差を打ち消す事ができたとしても、常に快適な視力を得られるのかどうか疑問を持つ眼科医もいるようです。


ですから、角膜を「形状解析」と「波面解析」の両方から詳細に測定し、その人に最も適したカスタム照射(トポリンク照射、ウェーブフロント照射)を行うことが「見え方の質」を向上させる最も理想的な方法と考えられます。


● 角膜形状解析装置(角膜に関する情報を測定する装置)

    1). トポグラフィー角膜形状解析装置:角膜形状のみからゆがみを測定
    2). オーブスキャン角膜形状解析装置:角膜の前面のみならず後面や角膜厚の分布等を測定

● ウェーブフロント波面解析装置(角膜や水晶体を含めた眼全体のゆがみを測定)


【トポグラフィー角膜形状解析装置】

・トポグラフィー

角膜形状解析(トポグラフィー)装置とは、角膜全体の湾曲や形状、角膜表面の不規則な凹凸や微妙な歪みなどを精密に測定する装置です。

原理は角膜の表面全体に低出力のレーザー光や赤外線を照射して角膜の形状を計測し、その像をデジタル的に取得した後コンピューターで処理してその詳細を解析します。


【オーブスキャン角膜形状解析装置】

オーブスキャン


角膜表面だけでなく角膜の裏側(内側)のカーブ(曲率)や凸凹の具合、角膜の厚みなど角膜の形状を詳しく多角的に解析します。

角膜の前面のみならず屈折矯正手術に欠かすことの出来ない角膜後面ならびに角膜厚の分布等に関する情報を測定します。


【波面解析(ウェーブフロント)装置】


ウェーブフロント測定機


●ウェーブフロントアナライザー(Wavefront Analyzer)

ウェーブフロントアナライザーは眼球全体を波面(Wavefront)として捉え、それを波面解析(Wavefront Analysis)技術によって眼光学的に解析します。 ドイツのWaveLight社製です。
この装置によって近視や乱視よりも次元の高い「収差」を検出することが可能になりました。


●ウェーブスキャン(WaveScan)

ウェーブスキャンとは、ウェーブフロントアナライザーと同様、光の持つウェーブフロントの性質を利用して眼球の持つ微細な凹凸の眼光学系の波面収差を測定する装置(波面センサー)の1つでAMO社の製品名です。アイレーシックやZレーシック・プラスに使用。


●ZYOPTIX 診断 ワークステーション(Zyoptix Diagnostic Workstation)

Zyoptix Diagnostic WorkstationZYOPTIX診断ワークステーション(Zyoptix Diagnostic Workstation:ZDW)とは、角膜解析装置であるオーブスキャン( Orbscan )と波面(ウェーブフロント)解析装置であるザイウェーブ( Zywave)の2種類の高性能測定装置を用いて、患者ひとり一人の角膜が持つ特有の高次収差や角膜内外の状態を正確に把握する最新型の多次元的な角膜診断システムです。Technolas Perfect Vision社製です。


角膜形状解析装置であるオーブスキャンと波面(ウッェーブフロント)解析装置であるザイウェーブの2種類を用いているため、他の単独で測定する測定装置よりもはるかに詳細なデータを得ることができ、患者一人ひとりに最適なカスタム照射を可能としています。


現在のところ、ZYOPTIX 診断 ワークステーションが最新で最高品質のデータを得ることのできる測定装置でしょう。


これらの高性能解析装置によって導き出された眼球の詳細なデータからオリジナルのウェーブフロント照射プログラムを作成して高精度な高次収差を補正することが可能となり、総合的な「見え方の質」の向上が期待できます。


また、この角膜診断システムはTechnolas217Pとの相性が非常に良く、安全で高品質の視力回復が期待できます。


<各メーカーによる「低次・高次収差」測定器>

WaveLight社
・Allegretto Wave Topolyzer
・Allegretto Wave Oculizer
・Allegretto Wavefront analyzer

AMO社
・Wave Scan

Technolas Perfect Vision社
・Zyoptix Diagnostic Workstation
(Orbscan + Zywave )

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google