数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

絶対必要!アイトラッキングシステム

<< アイトラッキングシステム(Eye Tracking System)とは >>


アイトラッキングシステムとは角膜へのエキシマレーザー照射時に、レーザーの照射ズレを起こさないようにするためのハイスピードCCDカメラや赤外線センサーなどの眼球の微細な動きにあわせて照射位置を自動追尾するアイトラッカー機能を備えたシステムのことです。


現在ではこのアイトラッキングシステムは無くてはならないシステムで、古くはケラトームレーシックが盛んであった時代には、執刀眼科医が毎回手動で瞳孔中心を合わせていたので、エキシマレーザーの照射位置に微妙なズレが発生していました。

アイトラッキングシステム しかし、このアイトラッキングシステムのおかげで正確な位置に、より安全にレーザー照射を行うことが可能となったことで、さらに精度の高い屈折異常矯正を行なうことができるようになり、より良い結果を得ることが可能になっています。


特に、「見え方の質」を向上させるために行うウェーブフロント照射にはフライングスポット方式を採用したエキシマレーザーを使用しますので、非常に精度の高いレーザー照射を行う必要があり、高性能のアイトラッキングシステムが装備されていないと照射ズレなどを起こしてしまうことになり、術後の「ハロー」や「グレア」など後遺症や合併症を引き起こしてしまいかねません。


Allegrettoアイトラッキングシステムですから、現在ではアイトラッキングシステムはウェーブフロント照射を行う場合には非常に重要な装置であり、なくてはならない必須のシステムとなっています。


また、アイトラカー機能を備えているアイトラッキングシステムの他に、座位と仰臥位による眼球回旋軸のズレを補正する「トーションエラーディテクション(TED)機能」や、常に瞳孔の中心を補足する「オートアライメント機能」、照射位置が大きく外れた場合には照射を中断する「セーフティーストップ機能」などの様々な安全機能を装備した優良なエキシマレーザーが出現しています。


当然ながら、オーダーメイド的な視力を回復させるウェーブフロント照射の際のアイトラッキングシステムの性能によってエキシマレーザー照射時の精度の差が歴然としますので照射ズレの程度が異なり術後の結果が異なってくる可能性があります。


通常、眼球の様々な動きを追尾するセンサーの数と機能によってその精度が異なり、3次元センサーよりも、5,6次元センサーを装備している方が精度の高いレーザー照射が可能となります。
  

6次元アイトラッキングシステム


現在使用されているエキシマレーザーの多くは3次元アイトラッキングシステムが搭載されているものが多く、最新型であるアマリス(AMARIS)には5次元アイトラッキングシステムが、テクノラス217P( Technolas 217P)には眼球の回転運動を補足可能な6次元アイトラッキングシステムが搭載されています。


<3次元アイトラッキングシステムを装備しているエキシマレーザー>

【WaveLight社】 : Allegretto Wave、Wave Eye-Q Blue-line、concherto
【AMO (Abbott Medical Optics)社】 : VISX S4、VISX S4 IR

Allegretto-Eye VISX-S4-eye 


<5次元アイトラッキングシステムを装備しているエキシマレーザー>

【SCHWIND社】 : AMARIS

amaris-eye


<6次元アイトラッキングシステムを装備しているエキシマレーザー>

【Technolas Perfect Vision社】 : Technolas 217P

217P-eye


<3Dアクティブアイトラッカー(3D Active Eye Tracker)>


「3Dアクティブアイトラッカー」は、2台の赤外線カメラが術中の眼球運動を、X軸(横軸)、Y軸(縦軸)、Z軸(垂直方向の軸)の3次元的に捕捉し適正箇所を追尾照射します。


3Dアクティブアイトラッカー


この技術はもともとは軍事用に開発された技術で、戦闘機などのミサイルが発射時に標的をロックして発射すると攻撃目標をどこまでも追いかけていくシステムと同じです。

また、眼がモニターに映し出される範囲から外れた場合は、自動的にレーザー照射がストップする「セイフティ機能」も装備されており安全性にも貢献しています。


<アイトラッカー>


瞳孔の中心をハイスピードCCDカメラや赤外線センサーなどにより検出して眼球の微細な運動を検知し、常にレーザー照射位置を補正してくれる働きをします。

この装置により手術中に眼が動いても自動的に眼の動きを追いますので常にエキシマレーザーが瞳孔中心に照射され、照射ずれがおきにくくなります。


<トーションエラーディテクション (TED)とは>


エキシマレーザーを照射する際には患者は手術専用台に仰臥位になります。人の眼球は身体を横にすると少し回旋します。精密検査時には座位で測定しているため、この座位と仰臥位による眼球回旋軸のズレが生じます。

そのため、トーションエラーディテクションはこの眼球の回旋角度を解析して、エキシマレーザーを正確に照射することを可能とするための機能を持っています。


<セーフティーストップ機能とは>


実際の手術の際にはエキシマレーザー口にある(赤い)ポイントをしっかり見つめるように指示されますが、多少ズレても前述の自動追尾機能を持ったアイトラッカーが補足してくれるので安心です。

しかし、アイトラッカーでも自動追尾できないほどの大きな眼球運動が生じた場合には、安全性を高めるためにエキシマレーザーを自動的にストップするように設計されています。これがセーフティーストップ機能です。

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google