数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

FSレーザーを使用したレーシック、Zレーシック、アイレーシック、ここが違う!

◆◇◆ FSレーザーを使用したレーシック、Zレーシック、アイレーシック、ここが違う! ◆◇◆


FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックのいずれの術式にも、従来の「レーシック」の欠点であった「マイクロケラトーム」のトラブルを解消し、「フラップ」の品質を高めるための「FSレーザー」が採用されています。


ケラトームレーシックの手順Kera-h.gif

FSレーザーを使用したレーシックの手順


つまり、FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシック、どの術式であっても従来の「ケラトームレーシック」に比べて非常に安全で高品質の視力回復が望めるということです。


「ケラトームレーシック」→ 手動式「マイクロケラトーム」使用(トラブル発生+感染症)


マイクロケラトーム  フラップ作成

   ↓ ↓ ↓

「FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシック」→ PC制御「FSレーザー」使用(安全性向上+品質向上)

FS60   FSレーザーを使用したレーシックのフラップ作成1


FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックによる手術は安全で高品質な視力回復が期待できるのですが、自分の眼の状態(角膜の厚さや暗所瞳孔径など)ライフスタイルに適した希望視力、そして「ハロー」「グレア」「過矯正」などの後遺症、合併症などを含めた「見え方の質」の問題が残っています。


そして、これらの問題を解決するためにFSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックなどの術式が開発誕生し、それぞれの特徴を持っています。


これらの術式は患者が希望することも出来ますが、多くの場合、患者の「角膜の厚さや暗所瞳孔径の大きさ」「希望するライフスタイルに適した視力」によって、最も適していると思われる術式が専門執刀医によって決定されます。


ですから、FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックの特徴を十分に理解し、自分の眼の状態を知り、ライフスタイルに適した希望視力を手に入れることが可能と思われる眼科クリニックを探さなければなりません。


できれば、FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックのすべての術式を行っており、その性能を十分に引き出せる専属の眼科執刀医がいる施設で、自分の希望する視力についてしっかりと相談に応じてくれる眼科クリニックがベストと考えます。


<<FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックの違いを理解するには>>


   ★ 【FSレーザー】:角膜表面に作成する「フラップの品質」に関連
   ★ 【ウェーブフロント】:同じ視力でも「見え方の質」に関連
   ★ 【アイトラッキングシステム】:眼の動きに伴う「照射ズレ」に関連
   ★ 【エキシマレーザー】:「視力回復効果」「後遺症」「合併症」「過矯正」に関連


上記のことについてしっかり理解することが必要です。


★「FSレーザー」は、フラップの厚さ、剥離面の性状(滑らかさ)、ズレ、強度などの角膜表面に作成する「フラップの品質」に関わってきます。


「FSレーザーを使用したレーシック」および「アイレーシック」には、「Intralase FS60」「Intralase iFS」が採用されていますが、眼科クリニックによっては「Intralase FS60」のみを使用していたり、両方が導入されていても使用する機種によって料金が異なっていたりしています。また、Zレーシックでは「 FEMTO LDV」が使用されています。


それぞれのFSレーザーの特徴は下記を参考にしてください。


FSレーザー比較


詳しくはフラップ作成の主流!FSレーザーを参考になさってください。


★「ウェーブフロント」は、個々の眼に存在する乱視や高次収差などを補正するため、同じ視力でもはっきり見える「見え方の質」に関わってきます。


現在、一般的に「レーシック」と呼ばれているものは、「FSレーザー」「ウェーブフロント照射」を行うことが常識のようになっていますが、この「ウェーブフロント照射」には、個々の眼の「高次収差」を正確に補正する「ウェーブフロント・ガイディッド照射」と数多くの「高次収差」をパターン化して補正する「ウェーブフロント・オプティマイズド照射」の2種類が存在します。


      ウェーブフロント


収差 


<キーワード>

【ウェーブフロント・ガイディッド照射】=カスタムビュー
【ウェーブフロント・オプティマイズド照射】=コンベンショナル・モード


つまり、「FSレーザー」を用いたFSレーザーを使用したレーシック「ウェーブフロント照射」を行う場合には、どちらの照射方法を行うかによって多少「見え方の質」が異なってきます。


詳しくは要注意!2つのウェーブフロント照射を参考になさってください。


そして、この「ウェーブフロント照射」の選択は、患者の「角膜の状態」「希望する視力」によって決められます。


角膜が厚くて「ウェーブフロント照射」が可能な場合には患者が希望することができますが、角膜が薄い場合には「ウェーブフロント照射」ができない場合もあります。


ただ、「ウェーブフロント・ガイディッド照射」が不可能でも「ウェーブフロント・オプティマイズド照射」が可能な場合もあります。


さらに、「ウェーブフロント照射」を行う際に、前もって患者の「角膜の厚さ」や「暗所瞳孔径」を計算に入れて照射範囲を設定し、「エキシマレーザー照射」を行うことによって合併症や後遺症である「ハロー」や「グレア」を減少させることが可能となります。


そのことについてはオプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を理解しなければなりません。


   OZ_TZ.gif


例えば、「暗所瞳孔径」より大きなオプティカルゾーン「OZ」を設定し、瞳孔に入ってくる光の範囲よりも大きく「エキシマレーザー」を照射すれば、照射した部分と照射していない部分との境界部分に入ってくる光の乱屈折の影響は少なくなります。


詳しくは「ハロー」や「グレア」に影響を及ぼす因子を参考にしてください。


このように「ハロー」や「グレア」のことも考慮に入れて治療を行っている施設は、現在のところ「錦糸眼科」東京[新橋] 北海道[札幌] 愛知[名古屋] 大阪[新大阪] 福岡[天神]のみとなっています。


また、アイレーシックでは、「Intralase FS60」「WaveScan」「Visx Star4 IR」の3機種に限定して「ウェーブフロント・ガイディッド照射」を行った場合のみに呼ばれる名称で、同じ機種を用いて「ウェーブフロント・ガイディッド照射」以外の照射を行った場合には厳密にはアイレーシックと呼ぶべきではありません。


角膜が薄く「ウェーブフロント・ガイディッド照射」である「カスタムビュー」を行うことができず、他の照射方式である「コンベンショナル・モード」を行った場合でも患者にはアイレーシックを行ったかのように説明している施設もあるようですので注意が必要です。


「ウェーブフロント照射」を行うために使用している測定器には、「Wavefront Analyzer」、「Wave Scan」、「Zypotix Diagnostic Workstation」などがありますが、アイレーシック「Wave Scan」限定で、Zレーシックでは、「Wavefront Analyzer」もしくは「Wave Scan」が利用されています。


ウェーブフロント測定機      Zyoptix Diagnostic Workstation


<キーワード>

【Wave Scan】
【Wavefront Analyzer】
【Zypotix Diagnostic Workstation】


詳しくはトポリンク照射とウェーブフロント照射を参考になさってください。


★「アイトラッキングシステム」は、眼球の様々な微細な動きを追尾して照射する機能なので、そのセンサー数や追尾反応速度によって生ずる「照射ズレ」に関わってきます。


アイトラッキングシステム


「アイトラッキングシステム」は、FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックにはなくてはならない装置であり、エキシマレーザーの機種によって搭載している「アイトラッキングシステム」の性能が異なります。


エキシマレーザーを照射する際に、患者が緊張して眼球が微細に動いても、その動きに合わせて照射位置を自動的に追尾補正して「照射ズレ」を防止するために絶対に必要な装置です。


現在のエキシマレーザーに搭載されている「アイトラッキングシステム」には、手術中の眼球の動きをX軸(横軸)、Y軸(縦軸)、Z軸(垂直方向の軸)の3次元で追尾するものから、5次元や6次元などの高次元の「アイトラッキングシステム」を搭載している
最新型も開発されています。


5次元アイトラッキングシステム6次元アイトラッキングシステム


<キーワード>

【3次元アイトラッキングシステム】
【5次元アイトラッキングシステム】
【6次元アイトラッキングシステム】


高次元アイトラッキングシステムには、品川近視クリニック最新型エキシマレーザー「アマリス」の5次元アイトラッキングシステムと、錦糸眼科最新型エキシマレーザー「Tecnolas217P」に搭載されている6次元アイトラッキングシステムがあります。


しかし、いくら高次元アイトラッキングシステムを搭載していても追尾速度とレーザー照射の反応速度が正確に素早くリンクしていなければ意味がありません。


この性能を比較検討することは非常に難しいのですが、当サイトが調べた限りでは「錦糸眼科」で使用している最新型エキシマレーザー「Tecnolas217P」に搭載されている6次元アイトラッキングシステムが最も正確で素早く反応しているようです。


詳しくは絶対必要!アイトラッキングシステムを参考になさってください。


★「エキシマレーザー」は、その機種による照射方式、照射範囲、照射速度、精密性、ウェーブフロントリンク能力、アイトラッキングシステム能力などに大きく左右されるため「視力回復効果」「後遺症」「合併症」などに関わってきます。


   Amaris     Tecnolas 217P


「エキシマレーザー」は、角膜の削り取って厚さを調節することによって視力を回復させるため非常に重要な機器となります。


特に「ハロー」「グレア」「過矯正」などの後遺症や合併症は「エキシマレーザー」の性能の違いに大きく左右されるのでしっかりとその性能を把握しておくことが重要です。


現在、FSレーザーを使用したレーシックには、「ALLEGRETTO WAVE Eye-Q」、「ALLEGRETTO WAVE Eye-Q Blue Line」、「Technolas 217P / 217Z100」、「WaveLight EX500」などが使用され、アイレーシックには「Visx Star4 IR」が、Zレーシックには、「Visx Star4 IR」、「Amaris」が使用されています。


エキシマレーザーの種類

   (※画像をクリックすると拡大します)


<キーワード>

【ALLEGRETTO WAVE Eye-Q】:3次元アイトラッキングシステム
【ALLEGRETTO WAVE Eye-Q Blue Line】:3次元アイトラッキングシステム
【Visx Star4 IR】:3Dアイトラッキングシステム
【Amaris】:5次元アイトラッキングシステム
【Technolas 217P】:6次元アイトラッキングシステム


詳しくは性能の差が気になるエキシマレーザーをご覧ください。


ALLEGRETTO WAVE Eye-Q、ALLEGRETTO WAVE Eye-Q Blue Lineは、3次元アイトラッキングシステム搭載で高次元トラッキングシステムに比較すると目劣りしますが、追尾反応速度が速く、しかも日本や世界で最も多く使用されており評価が高く、「ウェーブフロント・オプティマイズド照射」の対象者にとっては最も安価で高品質の視力が得られます。


また、「ハロー」や「グレア」などが気になる方は、Technolas 217Pによる「ハロー」や「グレア」の発生を抑える照射方法や高次収差を最小限に抑える照射方法、角膜全体の曲面の変化を最小限に抑えて間の視力低下を軽減させる照射方法などがあります。→「錦糸眼科」

ZDW-iFS-T217.jpg


FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシック

【FSレーザーを使用したレーシック】
  ・ベーシック・FSレーザーを使用したレーシック
  ・ウェーブフロント・オプティマイズド・FSレーザーを使用したレーシック
  ・ウェーブフロント・オプティマイズド・FSレーザーを使用したレーシック+α
  ・ウェーブフロント・ガイディッド・FSレーザーを使用したレーシック
  ・ウェーブフロント・ガイディッド・FSレーザーを使用したレーシック+α

【アイレーシック】
  ・カスタムビュー
  ・コンベンショナル・モード

【Zレーシック】
  ・FEMTO LDV + ALLEGRETTO WAVE Eye-Q Blue Line
  ・FEMTO LDV + Visx Star4 IR
  ・FEMTO LDV + Amaris


<FSレーザーを使用したレーシック、アイレーシック、Zレーシックの選択は下記のことを考慮に入れましょう。>

FSレーザー、フラップの品質、ウェーブフロント照射、アイトラッキングシステム、エキシマレーザー
近視の程度、乱視の有無、高次収差、角膜の厚さ、暗所瞳孔径、ライフスタイルに適した希望視力、
照射ずれ、見え方の質、ハロー、グレア、過矯正、合併症、後遺症など


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google