数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

カスタムレーシック

<< Custom LASIK(カスタムレーシック) >>


一般的にCustom LASIK(カスタムレーシック)と表現した場合には、ウェーブフロントレーシック、カスタムビューレーシック、ウェーブフロントFSレーザーを使用したレーシック、トポリンクレーシック、トポリンクFSレーザーを使用したレーシック、アイレーシックなどの術式が含まれていますので注意しましょう。


では、Custom LASIK(カスタムレーシック)とは、いったいどのような「レーシック」なのでしょうか?ちょっと複雑なのでしっかりと覚えてください。


角膜、水晶体私たちの眼には角膜や水晶体があり、そこを通過する光によって物体を見る事ができます。
しかし、角膜や水晶体に何らかの原因により凹凸が生じると物体は歪んで見えてしまいます。


この凹凸には、メガネやコンタクトレンズで矯正できる近視、遠視、乱視などの歪みである「低次収差」と、メガネやコンタクトレンズでは矯正することの出来ない個人の眼が持つ微細な歪みである「高次収差」があります。


通常のケラトームレーシックやFSレーザーを使用したレーシックでは、メガネやコンタクトレンズで矯正できる近視、遠視、乱視などの歪み(低次収差)のみをエキシマレーザーを照射して補正します。


しかし、カスタムレーシックではエキシマレーザー照射の前にメガネやコンタクトレンズでは矯正できない個人の眼が持つ微細な歪み(高次収差)をも特殊な専用の測定器を用いて精密に測定しこの測定した低次収差と詳細な高次収差のデーターをもとにして両方を補正するようにエキシマレーザーを照射し補正します。


カスタムレーシックこの高次収差の微細な歪みの形や程度は個人の持つそれぞれの眼で異なりますので、まるでその人が注文(オーダー)したかのようなオーダーメイド的なレーザー照射が可能となる「レーシック」となります。


したがって、カスタムレーシックでは、同じ視力でもクリアに見えるようになり「見え方の質」が良くなります。


例えば、通常のケラトームレーシックと比較して光のにじみを抑えられるため、夜間の「ハロー」や「グレア」などの発生を抑えることができます。


このカスタムレーシックはケラトームレーシックやFSレーザーを使用したレーシック、PRK、エピレーシックなどと組み合わせて照射することが可能で、それぞれの術式による視力回復の見え方の質を向上させることが可能となります。


しかし、一般的に「カスタムレーシック」と呼ぶ場合には、ケラトームレーシックやFSレーザーを使用したレーシックなどとの組み合わせが含まれている場合が多いので、「カスタムレーシック」をすすめられた場合には、ケラトームレーシックとの組み合わせなのかFSレーザーを使用したレーシックとの組み合わせなのかをしっかりと確認しておきましょう。


自分に最適な視力回復を可能とするカスタムレーシックでも欠点はあります。


通常のケラトームレーシックやFSレーザーを使用したレーシックよりも高次収差を補正するために角膜を多く削り取る必要があり、角膜の厚さに十分な余裕がない人ではカスタムレーシックの適応外となる場合があります。


当然、ケラトームレーシックよりもFSレーザーを使用したレーシックとの組み合わせの方が多少角膜の厚さが薄くても手術可能となる許容範囲が広がります。


もちろん、全ての人が高次収差がある訳ではありませんので、角膜や水晶体に高次収差が少ない人ではカスタムレーシックを行う必要がありません。


<カスタム照射方法とカスタムレーシックの種類>


カスタム照射には、高次収差の主な原因である角膜のみの歪みを精密に測定して補正するトポリンク照射と、角膜や水晶体を含めた眼全体の歪みである高次収差を波面解析(ウェーブフロント)法で精密に検出して補正を行うウェーブフロント照射があります。


カスタム照射には以下のような照射方法があります。


●Topo-link (トポリンク)照射 

角膜の歪みのみを計算してエキシマレーザーを照射する方法で、よくセカンドオピニオンで再手術に用いられている手法です。


●Wave front (ウェーブフロント)照射

角膜や水晶体などを含む眼全体の歪みを計算してエキシマレーザーを照射方法


○ Wavefront guided (ウェーブフロントガイディッド)照射

一人ひとりの眼に完全なオーダーメイド的な照射を行う照射方法です。マイクロケラトームを用いるケラトームレーシックよりもFSレーザーを用いて作成するフラップの厚さを薄くしかも一定にでき、その剥離面を滑らかにできるFSレーザーを使用したレーシックと組み合わせた方が非常に有利となるため現在の主流となっています。CustomVue (カスタムビュ−)照射はウェーブフロントガイディッド照射のひとつで、アイレーシックに取り入れられています。また、Zレーシックに使用しているFEMTO LDVやZDWレーシックに使用しているIntralase iFSの新開発のFSレーザーで作成するフラップはより高品質となるため、これからの主流となるでしょう。

CustomVue


○ Wavefront optimized (ウェーブフロントオプティマイズド)照射

多量のデータに基づきパターン化された角膜切除量を抑えた照射方法です。以前まで某大手眼科クリニックが単なる「ウェーブフロント」と称してウェーブフロントガイディッド照射とよく間違われていた照射方法です。もう皆さんはこの2つのウェーブフロント照射の違いは分かったと思いますが、一見、ウェーブフロントガイディッド照射の方が優秀だと思われがちですが、見えすぎによる「過矯正」を避けるために、あえてウェーブフロントオプティマイズド照射を採用する眼科医もいます。また、「見え方の質」を希望しても角膜の厚さが足りない人にとってはウェーブフロントオプティマイズド照射は非常にありがたい方法となります。しかも、ウェーブフロントガイディッド照射に劣らない視力回復が期待できます。近視の度数や乱視の度数が少ない人はコストパフォーマンスの非常に良いこの照射方法をおすすめします。(神奈川アイクリニックや品川近視クリニック、SBC新宿近視クリニックで受けた方がお得でしょう。)
  
       
★上記の照射方法をケラトームレーシックと組み合わせる方法とFSレーザーを使用したレーシックと組み合わせる術式があります。


ケラトームレーシックの手順Kera-h.gif

FSレーザーを使用したレーシックの手順


<カスタムレーシックの長所>


●同じ視力であっても「見え方の質」が向上する。
●夜間のハローやグレアの発生を抑えることができる。
●再手術の発生率を低く抑えることができる。
●個人の持つ眼の最適な視力回復が期待できる。
●光学的に光のにじみを抑えられる。


<カスタムレーシックの短所>


■角膜の切除量が多くなる。
■全員が受けられるとは限らない。
■費用が高くなる傾向がある。
■術前検査により時間がかかる。
■見えすぎる事がある。


<カスタムレーシックが適している人>


★手術後の収差の増加をなるべく抑えたい人。
★「見え方の質」を重視する人。
★夜間の仕事が多い人。
★暗所での瞳孔径が大きい人。
★角膜乱視の非対称性や不正が大きい人。
★中程度の近視で、角膜の厚みが十分にある人。


カスタムレーシックは通常の「レーシック」における照射法よりも優れていますが、全ての人にとって効果が発揮されるとは限りません


術後に良い結果が得られるかどうかはその人の眼の状態によって異なってきます。


したがって、カスタムレーシックを行うかどうかの判断はそれなりの医学的根拠に基づいた眼科医の判断によって行われるべきで患者がカスタムレーシックを希望しても採用されない場合があることを覚えておきましょう。


レーシック分類の基本

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google