数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

レーシック術式の分類

<< レーシックの術式と分類 >>


「レーシック」を真剣に受けようと考えると、まず、その術式の多さに困惑してしまうかもしれません。


・PRK(ピーアールケー)
・LASEK(ラセック)
・Epi LASIK(エピレーシック)
・Keratom-LASIK(ケラトームレーシック)
・Intra LASIK(FSレーザーを使用したレーシック)
・i LASIK(アイレーシック)
・Z LASIK(ゼットレーシック)
・Standerd LASIK(スタンダードレーシック)
・Custom LASIK(カスタムレーシック)
・Wave front Lasik(ウェーブフロントレーシック)
・Wavefront-guided Lasik(ウェーブフロントガイディッドレーシック)
・Wavefront-optimized Lasik(ウェーブフロントオプチマイディッドレーシック)
・Topo-link LASIK(トポリンクレーシック)
・Custom Vue LASIK(カスタムビューレーシック)


以上の様な様々な術式が存在して何がどのような手術なのか、また、自分はどの術式が適しているのか分からなくなってしまいます。


しかし、まず「レーシック」の基本はエキシマレーザーを角膜に照射して屈折異常を調整し、近視や乱視、遠視などの屈折異常を正視状態に戻す屈折異常矯正手術だと言うことを覚えておきましょう。


ですから、フェイキックIOLは「レーシック」ではありません。


そして、一般的に「レーシック」は手術の内容によっていくつかに分類することが出来ます。


1.角膜に対する術式による分類
2.エキシマレーザーの照射方法による分類


レーシック分類の基本


<角膜に対する術式による分類>


■PRK/LASEK/EpiLASIKは、表面照射(surface ablation)に分類されます。


PRK(ピーアールケー)は、角膜にフラップを作成せずに直接エキシマレーザーを照射する方法で、LASEK(ラセック)、Epi LASIK(エピレーシック)は、角膜表面の上皮組織を薬液や鈍角なケラトームで非常に薄く剥がし取ってエキシマレーザーを照射する方法です。


いずれもエキシマレーザー照射後には、剥がした上皮組織を元に戻して保護コンタクトを装用して上皮組織の再生を待ちます。


手術後は角膜上皮組織がないため、しばらくの期間は眼が痛いのですが、角膜上皮組織が再生すると角膜は手術前の元と同じ状態になりますので、角膜の強度は強固で、フラップのズレやしわの心配がなく激しいスポーツや格闘技などの人に向いています。


・PRK(ピーアールケー)
・LASEK(ラセック)
・Epi LASIK(エピレーシック)


■Keratom-LASIK/Intra-LASIK/i-LASIK/Z-LASIK は、層間照射(interface ablation)に分類されます。


Keratom-LASIK(ケラトームレーシック)/IntraLASIK(FSレーザーを使用したレーシック)/iLASIK(アイレーシック)/ZLASIK(ゼットレーシック)は角膜表面にマイクロケラトームやFSレーザーを用いてフラップを作成してからエキシマレーザーを照射する方法です。


マイクロケラトーム、FSレーザー


エキシマレーザー照射後は、作成したフラップをきれいに元に戻すことによって眼の痛みは非常に少なくなり、視力回復も早まります。


そのため、忙しくて時間のない現代人にとって最適な視力回復方法となっています。


・Keratom-LASIK(ケラトームレーシック)
・Intra LASIK(FSレーザーを使用したレーシック)
・i LASIK(アイレーシック)
・Z LASIK(ゼットレーシック)


<エキシマレーザーの照射方法による分類>


エキシマレーザーの照射方法によって、同じ視力でも「見え方の質」が異なってきます。


通常はメガネやコンタクトレンズで補正できる程度の収差をスタンダード照射によって角膜の屈折力を矯正して裸眼視力を回復させます。


しかし、カスタム照射はメガネやコンタクトレンズでは補正できないその人の眼が持つ非常にわずかな凹凸である高次収差までもを矯正することを目的としています。


iLASIK


(個人差によってカスタム照射をする必要のない人もいますので、角膜を過剰に削り取るカスタム照射は避けるべきです。)また、カスタム照射にもそれぞれの特徴を持った照射方法に分類されます。


・Standerd LASIK(スタンダードレーシック)
・Custom LASIK(カスタムレーシック)

  Custom Vue LASIK(カスタムビューレーシック)
  Wave front Lasik(ウェーブフロントレーシック)
    Wavefront-guided Lasik(ウェーブフロントガイディッドレーシック)
    Wavefront-optimized Lasik(ウェーブフロントオプチマイディッドレーシック)
  Topo-link LASIK(トポリンクレーシック)


*角膜に対する術式に対し上記のエキシマレーザー照射方法を選択します。


「レーシック」は素晴らしい結果をもたらす新しい近視治療法ですが、決して完璧なものではありません。


手術を受けるに当たっては、その限界を理解した上で自分のライフスタイルに最も適した治療方法を選択することが重要です。


しかし、実際には素人ではこれらの複雑な術式を選択することは不可能で、信頼できる執刀眼科医に任せることになります。


したがって、いかに信用できる眼科クリニック、執刀眼科医を選ぶかが非常に重要なポイントになってきます。


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google