数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

ケラトームレーシック

<< ケラトームレーシック >>


ただ単に「レーシック」という言葉を用いる場合には、2つの意味がありますので注意しましょう。


ひとつは、広い意味での「レーシック」で、近視や乱視、遠視などの屈折異常に対して角膜にエキシマレーザーを照射して屈折力を調整し、裸眼視力を回復させる手術全体のことを指します。


もうひとつは、狭い意味での「レーシック」で、マイクロケラトームを用いてフラップ作成を行ってからエキシマレーザーを照射し、その後にフラップを元に戻す手法、つまり従来の「レーシック」のことを指し、特に「ケラトームレーシック」と呼んでいます。


LASIK(Laser-Assisted In situ Keratomileusis:レーシック )とKeratom LASIK(Keratom Laser-Assisted In Situ Keratomileusis:ケラトームレーシック)を正確に使い分けましょう。


   マイクロケラトーム


ですから、PRKやFSレーザーを使用したレーシック、アイレーシックやZレーシックなども広い意味での「レーシック」に含まれます。


しかし、これでは広い意味での「レーシック」と狭い意味での「ケラトームレーシック」が混乱してしまいますので、このサイトでは「レーシック」と表現した場合には、広い意味での「レーシック」とし、マイクロケラトームを使用した従来の「レーシック」を「ケラトームレーシック」と表現します。


<Keratom LASIK(Keratom Laser-Assisted In Situ Keratomileusis:ケラトームレーシック)>


ケラトームレーシックは、精密な超小型金属刃であるマイクロケラトームを用いて角膜表面にフラップを作成し、フラップを捲ってからエキシマレーザーを角膜実質層に照射して屈折力を調整し、エキシマレーザー照射後にはフラップをきれいに元に戻します。


ケラトームレーシックが誕生する前までは、近視矯正手術として同じエキシマレーザーを用いるPRKが主流でしたが、PRKでは、角膜にフラップを作成しないため、


▲角膜上皮が再生するまで痛みを伴うこと、
▲視力回復まで時間がかかること、
▲保護用コンタクトレンズを装用する必要があること、
▲日中は数ヶ月間は紫外線カットを行わなくてはならないこと


などの欠点がありましたが、フラップを作成するケラトームレーシックでは、


●PRKに比べて術中・術後の痛みはほとんど伴わないこと、
●手術時間が両眼で約15〜20分で短時間ですむこと、
●入院の必要も全くないこと、
●手術後まもなく視力が回復すること


などの利点があり、ケラトームレーシックに主流が移行しました。


フラップ作成このケラトームレーシックで行われたフラップ作成が非常に重要なポイントであり、その後、フラップ作成における正確性や精密性、安全性などを考慮した術式が次々と誕生しています。


現在では、マイクロケラトームを使用するためには執刀医にとって熟練を要すること、FSレーザーを使用した方が経験が少なくても比較的きれいなフラップが作成する事ができること、フラップ切開面がきれいになり様々点で有利になること、などの理由によりFSレーザーを使用したFSレーザーを使用したレーシックやアイレーシック、Zレーシックなどが主流となりつつあります。


<ケラトームレーシックの特徴>


★手術時間は短く約15〜20分で終了する
★入院は不要で手術当日に帰宅できる
★点眼麻酔を行うので痛みを感じることはほとんどない
★手術翌日から視力回復効果があり数日後には視界が安定する
★手術リスクがきわめて少ない


<ケラトームレーシックの利点>


●厚生労働省が認可しており、効果と安全性が確認されている。
●点眼麻酔をしてから手術をするので、手術中に痛みを感じることがない。
●フラップを作成するので手術後も痛みは極めて少ない。
●手術の時間が短く入院する必要がない。
●視力の回復が早い。
●視力が長期的に安定する。
●裸眼で快適な日々を過ごす事ができる
●角膜厚が薄い場合でも治療可能な場合がある。
●初期コストはかかるけれども長期的に見ると割安になる。
●術後は裸眼で過ごせるので目への負担が減る。
●メガネやコンタクトの手入れや装着のストレスから解放される。
●メガネなどによる頭痛や肩凝りから解消される。
●FSレーザーを使用したレーシックよりも手術費用が安い。(地方は除く)
●日本全国で広く行われている。


<ケラトームレーシックの欠点>


■マイクロケラトームの刃に対する感染症対策が必要である。
■眼の状態や病気により適用できないことがある。
■マイクロケラトーム操作は手動のためトラブルが発生する事がある。
■執刀医の技術力によって結果が異なることがある。
■適応検査の結果、手術を受けることができない人もいる。
■手術後、しばらくの間は制限(スポーツ、入浴、化粧等)がある。
■激しいスポーツを行うには向いていない。
■角膜の厚さはFSレーザーを使用したレーシックよりも必要である。
■術後数ヶ月は、合併症が出る可能性もある。
■夜間視力が低下することがある。
■同じ視力でも見え方の質が低くなる場合がある。
■「レーシック」手術としては古くなってしまっている。


<Keratom LASIK(ケラトームレーシック)手術の手順>


1.角膜を洗浄、消毒し、麻酔を点眼します。
2.マイクロケラトームで角膜の表面を薄く削りフラップを作成、めくります。
3.角膜実質にエキシマレーザーを照射して角膜表面を補正します。
4.その後、洗浄を行いフラップを元に位置に戻します。
5.抗生剤を点眼しフラップが自然に接着するまで(約2〜3分)待ちます。


ケラトームレーシック


角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正されます。


レーシック分類の基本

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google