数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

FSレーザーを使用したレーシック

<< FSレーザーを使用したレーシック ( Intra-LASIK ) >>


FSレーザーを使用したレーシック は従来の「レーシック」つまり「ケラトームレーシック」と同様、エキシマレーザーを角膜に照射して屈折力を調整し、近視や乱視、遠視などの屈折異常を矯正します。


しかし、ケラトームレーシックではフラップを作成する際には超小型金属刃であるマイクロケラトームを使用しますが、FSレーザーを使用したレーシックでは高性能コンピューターで制御された高精度なFSレーザーを用いてフラップを作成します。


ケラトームレーシックで使用しているマイクロケラトームは手動で操作を行うために熟練を要します。


マイクロケラトーム


そのため、経験の浅い執刀医ではフラップ作成において厚さが不均一になったり、大きさが不揃いになったり、ヒンジ部分(フラップを支える部分)が残せずに完全に切り取ってしまったり、しばしばトラブルが発生していました。


しかも、マイクロケラトームでどれだけ綺麗にフラップを作成しても超小型の金属刃による高速往復運動によって切開するため、フラップ切開面に小さなスジが入ってしまいます。


micro-cutそのため、エキシマレーザーが均等に照射されずに不整乱視などを引き起こす可能性があり、夜間の「ハロー」や「グレア」などの現象が発生しやすい傾向がありました。


また、フラップのエッジ部分は鋭角に切開されるためフラップを元に戻してもズレやシワが発生しやすく、接着するまでは細心の注意が必要でした。


このようなマイクロケラトームによる欠点を改善するために開発されたのが、FSレーザーによるフラップ作成です。


高性能コンピューターで制御するためフラップの大きさ厚さ、ヒンジの位置や長さを自由に設計することが可能であり、フラップ切開面も均一で滑らかに仕上がります。


実際には角膜に特殊な平面ガラスを押し当てて固定し、そのガラス面に垂直にFSレーザーを照射して一定の深度で作用させ、連続照射することにより正確にミクロン単位の剥離面を作りだします。

FSレーザーを使用したレーシックのフラップ作成1
FSレーザーを使用したレーシックのフラップ作成2

ですから、角膜に対して正確に均一の厚さで、しかも滑らかで精密なフラップが作成可能なのです。


FS-cutまた、FSレーザーではエッジ部分を直角にすることができるのでズレやシワを起こりにくくすることも可能で、このことにより、ボタンホールや上皮のフラップ下迷入などの合併症の発生率を減少させることが可能となりました。


しかも、FSレーザーでは従来のマイクロケラトームを使用するよりも60%も薄いフラップを作成することができるため、エキシマレーザーを均一に安定して照射することが可能になるうえに、照射後の角膜の厚さを十分に残すことができるため、角膜の強度も保つことができます。


そして、フラップは薄いほどエキシマレーザーを照射して矯正できる角膜厚に余裕ができるのでそれだけ有利になり、角膜の薄い方や強度近視の方でも手術対応の可能性が広がりました。


FSレーザーを使用したレーシックで最も恩恵を受けることができるのは、これまでケラトームレーシックの手術対象外であった角膜が薄く強度近視の人でも「レーシック」による手術が可能になったことです。


この画期的なFSレーザーを用いてフラップを作成した方が圧倒的に「レーシック」手術にとって有利なため、マイクロケラトームからFSレーザーを用いた「FSレーザーを使用したレーシック」に移行し始めたのです。


Intralase FSそして最初に開発し使用されたFSレーザーが絶大な信頼性を築いたイントラレース社のIntralase FS LaserだったのでFSレーザーを使用したレーシックと呼ばれるようになったのです。


ただ、同じFSレーザーを用いてフラップ作成を行うにも関わらず、その他の測定機器(ウェブスキャン)やエキシマレーザー(VISX STAR S4 IR)の機種を限定して行った場合のみのFSレーザーを使用したレーシックをアイレーシックと呼んでいます。


現在では、FSレーザーによるフラップ作成は高性能コンピューターで制御していますので非常に正確に、しかも安全に行うことが可能となったため、マイクロケラトームを使用するケラトームレーシックからFSレーザーを用いるFSレーザーを使用したレーシックに移行し、アイレーシックやZレーシックなどの新しい術式も誕生しています。


<FSレーザーを使用したレーシックの実力と評価>


★現在では手術症例数が最も多く、実績や信頼性が高い。
★マイクロケラトーム使用よりもはるかに安全で信頼性の高い術式となった。
★これまでケラトームレーシックが不適合だった人でも手術の可能が広がった。
★ドライアイ、ハロー、グレアなどの合併症が少なくなった。
★ウェーブフロントレーシックの組合せによって「見え方の質」が向上可能となった。
★現在の屈折矯正手術の基本的な術式となった。
★最新Zレーシック、アイレーシックの基礎的な術式となった。


ただ、FSレーザーを使用したレーシックではFSレーザーを使用するのでフラップ作成時の照射作用点によって発生した水蒸気がフラップ内面に留まっていますので、角膜は白っぽく濁ったようになります。


しかし、この角膜の濁りは約20分ほど安静にしていると透明に戻りますので、その間はリラックスルームで待機することになります。


しばらくして角膜が透明になってから再度手術室に入室し、今度は角膜実質増を矯正するためのエキシマレーザーを照射します。


<FSレーザーを使用したレーシック手術の流れ>


1.洗眼の後に点眼薬で麻酔を行います。
2.開瞼器でまぶたを開いて固定し、FSレーザーを照射してフラップを作ります。
3.フラップをめくり角膜実質層にエキシマレーザーを照射して屈折力を調整します。
4.照射後、洗浄、消毒してフラップを元の位置に戻します。
5.開瞼したまま2分程度安静にしてから目薬を点眼して終了です。


FSレーザーを使用したレーシック手術の流れ


<FSレーザーを使用したレーシックの利点>


●フラップ作成時の機械的なトラブルの心配がない。
●均一の薄さで切開面の滑らかなフラップを正確に作成することが可能。
●フラップ面を滑らかに作成できるためよりクリアな視力回復が期待できる。
●フラップのエッジを垂直にできるためフラップがずれたりシワができにくい。
●ボタンホールや上皮のフラップ下迷入などの合併症の発生率を減少させることが可能。
●フラップを薄くすることが可能なため、強度近視や角膜が薄い人でも適応範囲が広がった。
●物理的な負荷がないため眼球へのダメージが少ない。
●平均裸眼視力がケラトームレーシックに比べ高くなる。
●ケラトームレーシックに比べて再手術率が大幅に減少。
●フラップの作成の設計が自由に行える。
●フラップ面を滑らかにすることができるのでハローやグレアが起こりにくい。
●コンピューター制御のため比較的経験の浅い執刀医でも手術可能となった。


<FSレーザーを使用したレーシックの欠点>


■フラップ作成後の角膜の白濁が落ち着くまで時間がかかる。
■FSレーザー照射による蒸散の影響によりフラップ面が接着するまでに多少時間がかかる。
■術後のフラップ面に起きるDLK炎症が問題となるが点眼薬で抑制可能。
■10〜20年後の長期の影響がわかっていない。
■手術全体の時間がケラトームレーシックよりも長い
■マイクロケラトームと比較して、角膜への負担がやや大きい
■精巧な高性能コンピューターを使いこなす力量が必要になった。


<FSレーザーを使用したレーシックの現状>


FSレーザーを使用したレーシックで用いられているFSレーザーによるフラップ作成は、マイクロケラトームより薄くて高品質なフラップを正確にしかも安全に作れるのに、なぜ多くの眼科クリニックにFSレーザーを使用したレーシックが導入されていないのでしょうか?


その大きな理由のひとつに経済的な理由が挙げられます。


屈折矯正を行う眼科クリニックのほとんどは、ケラトームレーシックを始めた以前から眼科治療を行っており現在も眼疾患治療をするかたわらで屈折矯正を行い経営を成り立たせています。


こうした眼科クリニックでは、屈折矯正だけを見た場合には採算性が合わず利益がでないケースがほとんどです。


そのような現状で、マイクロケラトームに比べはるかに高額なFSレーザーを新たに導入するのは大きな負担であることが推測できます。


特にFSレーザーを導入しなくても従来のケラトームレーシックで治療を行う事が可能なわけですから、ほとんどの眼科クリニックにおいてFSレーザーを使用したレーシックの導入は見送られてしまいます。


逆に言えば、屈折矯正手術で多くの症例をこなして十分な利益をあげていなければ、FSレーザーを使用したレーシックは導入できないとも考えられます。


実際、FSレーザーを使用したレーシックを導入している眼科クリニックは少なく、都心部の大手有名眼科クリニックがほとんどです。


以前には、医学的なデータが少ないことを理由にあえて未導入の大手有名眼科クリニックもありましたが、現在では、ほとんどの施設でFSレーザーを用いた「レーシック」を行っており、このFSレーザーを使用したレーシックにオーダーメイド的な「見え方の質」を向上させることが可能なウェーブフロント照射を組み合わせたウェーブフロント・FSレーザーを使用したレーシックが最も主流となっています。


レーシック分類の基本

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google