数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

アイレーシック

<< アイレーシック ( iLASIK) >>


iLASIK(アイレーシック)は、患者一人ひとりが持つ固有の低次収差や高次収差を補正し、その「見え方の質」を高めるために開発された最新型の「レーシック」技術で、AMO(Advanced Medical Optics)社の商標名です。


同社の「Wave Scan(ウェーブスキャン)」「Intralase FS60(イントラレースFS60)」「VISIX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」の3種類の機器を使用して行った「レーシック」のみをアイレーシック(iLASIK)と呼んでいます。


       アイレーシック


AMO社といえば,コンタクトレンズや眼内レンズ、レーシックで使用するエキシマレーザーなどの医療器具を手がける視力矯正の大手のグローバル企業です。


また、イントラレース社はFSレーザーを使用したレーシックでおなじみのFSレーザーである「Intralase FS60」を開発した会社だったのですが、数年前にAMO社によって8億ドル(約1000億円)で買収されています。


したがって、現在では上記の3機種である「Wave Scan」「Visx StarS4 IR」「Intralase FS60」のすべてをAMO社が提供しているのです。


そして、アイレーシックの手術内容を見てみると、角膜にFSレーザーを用いてフラップを作成し、ウェーブフロント技術を導入したエキシマレーザーで個人の眼が持つ微細な凹凸をも矯正し、その人にとって最適な視力を回復させる一種のウェーブフロント・FSレーザーを使用したレーシックと同じなのです。


個人の持つ高次収差をWave Scan(ウェーブスキャン)で測定し、FSレーザーであるIntralase FS60(イントラレースFS60)を用いて高品質なフラップを作成し、Wave Scan(ウェーブスキャン)で得られた詳細なデータを元にしてリンクされたVISIX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)でエキシマレーザーを照射します。


AMO社のVISIX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)に関しては、米国シェアNo.1で、プロゴルファーであるタイガーウッズが受けた米国VISX社の最新型エキシマレーザーです。


「Wave Scan(ウェーブスキャン)」を使って、個人の持つ眼の固有な高次収差を測定して解析した後に、その詳細なデーターに基づいて視力矯正するAMO社独自の技術を「Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)」と言います。


「Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)」は、米国国防庁も承認したほどの信頼性のある照射方法で、この技術もAMO社の商標名です。


WaveScanつまり、アイレーシックの実際はFSレーザーを用いてフラップを作成し、CustomVue(カスタムビュー)を行っています。


そして、これらの3機種の組み合わせの相性は非常に良く、高品質な「見え方の質」を実現しています。


また、高品質で安全性が高いことから、過酷な条件をクリアすることを重要視している米国国防総省ではパイロットや米国航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士の近視治療法として使用が認められているほど信頼性と精度の高い視力回復治療法となっています。


★ただし、アイレーシックだけが高品質な「見え方の質」を提供している訳ではありません。


例えば、WaveLight社製のウェーブフロントアナライザーを用いて高次収差を測定し、Intralase FS60 を用いてフラップを作成し、コンチェルトを使用してウェーブフロントガイディッド照射を行う組み合わせや、Technolas perfect vision社製のZDワークステーションを用いてウェーブフロント解析だけでなく角膜の詳細な形状を解析し、Intralase FS60の上位機種であるIntralase iFS を用いてさらに高品質なフラップを作成して、患者の近視程度や角膜形状、瞳孔径などを考慮した様々な照射を可能とするテクノラス217Pを用いてもアイレーシックと同等もしくは同等以上の高品質な「見え方の質」が実現できます。


同じような術式でも各社の企業戦略によって、使用機種や手技の違いによって呼び方が異なってきますので注意が必要です。


<アイレーシック手術の流れ>


1. 点眼麻酔
眼の診察の後、問題がなければ点眼麻酔を行います。

2. フラップの作成
開眼器でまぶたを開きIntralaseFS60を用いてフラップを作成します。
フラップ作成後、しばらく眼の状態を落ち着かせます。

3. エキシマレーザーによる屈折矯正
フラップを開き、リンクされた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

4. 消毒・点眼
フラップをもとの位置に丁寧に戻し、点眼をして施術は終了です。

5. 施術後
角膜の状態が安定するまで約15分程度回復室で休憩します。
施術後の診察で問題がなければ、帰宅可能です。


アイレーシック手術の流れ


<アイレーシックの特徴>


●自分の眼だけに最適なオーダーメイドの視力回復が可能


角膜は、指紋のように一人ひとりその形状や厚みが異なります。
アイレーシック(iLASIK)では、その患者だけのオリジナル照射プログラムを作成することで、これまでの単なるケラトームレーシックやFSレーザーを使用したレーシックだけのレーシックでは不可能だった角膜のわずかな歪み、つまり高次収差まで矯正が可能となりました。
ケラトームレーシックは通常、0.25D単位で手術を行いますが、アイレーシック(iLASIK)では0.01D単位で手術を行う事ができます。
そのため、視力はもとよりメガネやコンタクトレンズでは矯正できない「見え方の質」まで向上することが可能となったのです。


●「見え方の質」が高まる


同じ視力でも、「見え方の質」に違いがでます。
これまでのケラトームレーシックでは「視力」は回復できても、「見え方の質」まで高めることは困難でした。
しかし、アイレーシック(iLASIK)では、格段に「見え方の質」を向上させることができます。


<レーシックの利点・メリット>


●裸眼で生活できるので目への負担が減る。
●手術後の視力回復が早い。
●視力が長期的に安定する。
●手術時間が両眼で約20分と非常に短時間で入院の必要が無い。
●メガネやコンタクトレンズの脱着や手入れのわずらわしさから開放される。
●メガネやコンタクトレンズによる眼精疲労や肩こり、頭痛から解消される。
●点眼麻酔をしてから手術をするので、手術中に痛みを感じることがない。
●他の視力矯正手術に比べ手術中や術後の痛みがほとんど無い。
●安全性と効果が厚生省で確認されている。
●初期コストがかかるが維持費がかからない。
●美容上や職業上有利となる。


<アイレーシックの利点・メリット>


◎レーシックのメリットに下記のメリットが加わります。
◎ウェーブフロント技術の導入で一人ひとりの高次収差を測定が可能。
◎高次収差を補正することによって患者一人ひとりの最適な「見え方の質」を実現。
◎FSレーザーにより高品質なフラップの作成が可能。
◎すべての手術過程をコンピューター制御のレーザーで行うため安全性が高い。
◎高品質フラップが可能なためシワやズレがほとんどなく、合併症の発生率も低い。
◎精度の高いフラップのため角膜の強度も保たれる。
◎夜間でもにじむことが無くクリアな視力が可能。
◎再治療の確率が低い。


<アイレーシックの欠点・デメリット>


▲高次収差を補正するための角膜厚を必要とする。
▲角膜の薄い人は適応外になることがある。
▲理論通りの高い視力が得られない事がある。
▲詳細な検査が必要なため長時間を要する。
▲「過矯正」による「見え過ぎ」に注意が必要である。


<アイレーシックを支えるAMO社の3機種>


患者一人ひとりの異なる微細な眼の歪みを精密に測定するWaveScan(ウェーブスキャン)と、安全で優れた強度のフラップ作成を行うIntralaseFS(イントラレースFS)、精密なレーザーの照射を行うVISX STAR S4 IRの技術の組み合わせによってアイレーシック(iLASIK)によるオーダーメイドの治療が可能となります。


1.Wave Scan(ウェーブスキャン)


Wave Scan(ウェーブスキャン)による検査では、瞳孔から光を網膜に当てて反射して返ってきた光の歪みをセンサーで計測し、その人特有のメガネやコンタクトレンズでは矯正できないレベルの微細なピントのズレである高次収差を精密に測定します。


Wave Scanこれはメガネやコンタクトレンズを作る際に行われる検査方法に比べて、25倍の正確性を持つ検査と言われています。


Wave Scan(ウェーブスキャン)で計測したデータを元に、フーリエアルゴリズムと呼ばれる独自の解析技術で、その人特有の眼の状態に合わせた角膜をより実際の形状に近い状態に再現するオリジナルの照射プログラムが自動計算されます。


また、Wave Scan(ウェーブスキャン)にはAMO社独自のWavefront system(ウェイブフロントシステム)が内蔵されています。


このシステムはもともと軍事・宇宙開発用に開発された大型顕微鏡の波面収差の補正に利用されていたシステムを応用しているので、とても精度の高いシステムです。


だからこそ、Wave Scan(ウェーブスキャン)は、人それぞれに固有な眼の歪みを正確に測定することができるのです。


そして、多くの機種が収差の解析に「Zernike解析(ゼルニケ解析)」を用いていますが、Wave Scan(ウェーブスキャン)では測定データの解析に唯一「フーリエ解析」を用いています。


「フーリエ解析」は「Zernike解析(ゼルニケ解析)」よりも数学的に優れたデータ解析を行う事ができるので、測定データを忠実に再現する事が可能となります。


「フーリエ解析」による再構築では実際の眼の歪みを正確に再現できるので、オーダーメイドの視力矯正手術が可能になるのです。


<フーリエアルゴリズム>

高い精度で測定した高次収差を正確に解析する技術で、直径わずか7mmの瞳孔中に、約240ヵ所ものデータポイントを設定します。

そこから得られたデーターをスピーディーに処理して、高次収差と低次収差を正確に測定し、角膜の形を精密に再構成します。

瞳孔の形状に関わりなく、正確な測定値を得ることができます。


2.Intralase FS60 (イントラレースFS60)


iLASIK(アイレーシック)では、FSレーザーを使用したレーシックと同様にフラップ作成をFSレーザーである「Intralase FS60(イントラレースFS60)」を用いて行います。


FS60当然、ケラトームレーシックで用いるマイクロケラトームよりも安全で、しかも優れた強度を持つ高品質なフラップ作成が可能になります。


高性能コンピューター制御の元でFSレーザー操作が行われますので、非常に薄く、一定の厚さで、切断面も滑らかなフラップ作成が可能となっています。


一定な厚さで作成されたフラップは、従来のフラップよりも強度が3倍優れていると言われています。


また、切断面が非常に滑らかでフラップ辺縁のエッジが直角に作成可能なため、術後のシワやズレが起こりにくく、合併症や後遺症の発症率も低くなります。


<フラップ作成の流れ>


@ レーザーの照射が始まると、角膜の「実質」に1ミクロン(1000分の1ミリ)の微細な気泡が生じます。この気泡は5倍程度に膨らみながら、次の気泡とくっつく事で角膜の中に空気の層を作っていきます。


A 「フラップ」の側面は気泡を縦に並べる事で空気の層を作ります。側面を直角に立ち上げる事で、横方向のズレに強い「フラップ」が作られます。術者は側面から「フラップ」を開きます。


B Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)による屈折矯正手術を行ないます。


C 「フラップ」を元の位置に戻します。「Intralase FS60(イントラレースFS60)」で作成したフラップは術後の密着が早く、ズレやシワが起こりにくくなります。また、側面からの細菌や上皮細胞の侵入にも強く、術後の合併症が起こりにくい構造になっています。


3.Visx Star S4 IR (ビジックス スターS4 IR)


Wave Scan(ウェーブスキャン)で詳細なデーターを獲得し、Intralase FS60 (イントラレースFS60)で高品質なフラップを作成しても、エキシマレーザーの性能が低いと何にもなりません。


Visx Star S4 IR iLASIK(アイレーシック)では、患者一人ひとりに最適で高品質な視力を提供することが目的ですから、エキシマレーザーも高性能でなくてはなりません。


それを実現しているのがVisx Star S4 IR (ビジックス スターS4 IR)なのです。


Visx Star S4 IR (ビジックス スターS4 IR)は、Wave Scan(ウェーブスキャン)で測定した詳細なデーターをもとにエキシマレーザーを正確に照射することが可能なのです。


同じAMO社製なので機器同士の相性は非常に優れています。


また、Visx Star S4 IR (ビジックス スターS4 IR)には、下記に示すような様々な機能が導入されています。


<VISIX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)の特徴>


1.「アイリスレジストレーション(IR)」

眼球や瞳孔のズレを正確に把握して補正する技術が、アイリスレジストレーション(IR)です。

術前の検査では座った状態で行いますが、手術は仰向けになった状態で行います。この姿勢の違いによって、眼球はわずかに旋回(眼球廻旋)してしまい照射位置がズレてしまいます。

また、瞳孔は照明の暗い検査時には大きくなり、明るいレーザー照射時には小さくなります。この照明による瞳孔径の変化により瞳孔の中心も変化(瞳孔重心移動)してしまい、照射位置がズレでしまいます。

これらの照射位置を補正するテクノロジーがアイリスレジストレーション(IR)です。

一人ひとり異なる眼球の虹彩模様の特徴をデータとして保存しておくことによって、レーザー照射時に眼球旋回がおきたり、瞳孔の中心が動いてしまっても正確にレーザー照射位置を補正することができるのです。


2.「VSS (Variable Spot Scanning)機能」

「VSS (Variable Spot Scanning)機能」の目的は、「Wave Scan(ウェーブスキャン)」から得られた詳細なデータに基づき精密で正確なレーザー照射を行うことです。

「VISIX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」のレーザーの照射間隔、レーザースポットの直径を適切に変化させることにより、レーザー照射時間を最短にし、角膜の切除量は最小限に抑える事が可能となります。


3.「VRR (Variable Repetition Rate)機能」

「VISIX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」のレーザー照射は、AMO社独自のレーザーパルス配分アルゴリズムにより照射速度を6Hz(ヘルツ)から20Hzに変化します。

この「VRR (Variable Repetition Rate)機能」により、レーザー照射中の角膜の温度の上昇が抑制されます。


4.「3D アクティブトラッキング機能」

3Dアクティブトラッキング機能は、手術中の眼球の僅かな動きを3次元であるX軸(横軸)、Y軸(縦軸)、Z軸(垂直方向の軸)を用いて正確に追尾します。

つまり、レーザー照射中の眼球の動きを立体的に捕捉して3次元の位置を追尾しながら、レーザーを正確に照射します。

この技術はもともと軍事用に開発されたもので、戦闘機のミサイルを発射するときに「ロックオン」して攻撃対象をどこまでも追いかけていくシステムと同じです。

また、眼球が大きく動いてしまいモニター範囲から外れた場合は、自動的にレーザー照射が停止する「セーフティー機能」が働きますので安全です。

「3Dアクティブトラッキング機能」の採用により、屈折矯正手術の精度が非常に向上しました。


<NASA(アメリカ航空宇宙局)がレーシックを公認>


これまで、アメリカ国防総省では近視で悩んでいる陸・海・空・海兵隊のすべての軍人にはレーシックを初めとする全ての屈折矯正手術を禁じていました。


しかし、FSレーザーでフラップを作成し、個人の持つ高次収差をも補正するウェーブフロント・FSレーザーを使用したレーシックの1種であるアイレーシックが2006年にアメリカ国防総省が戦闘機パイロットの近視治療として許可されました。


アメリカ航空宇宙局さらには、2007年にアメリカ航空宇宙局(NASA)が宇宙飛行士にアイレーシック(iLASIK)による屈折矯正手術を許可したのです。


通常、地上の何倍もの重力が加わる過酷な条件下でも安全で優れた視力が要求される戦闘機やロケットのパイロットに、ウェーブフロント技術が導入されたFSレーザーを使用したレーシックであるアイレーシックが認められたことは非常に画期的なことでした。


これは、FSレーザーで作成したフラップは高品質で術後も強度を保つことができ、ウェーブフロント技術を導入した高次収差をも補正可能とするエキシマレーザーでのウェーブフロントガイディッド照射は高品質な「見え方の質」を可能としていることが世界的に認められたのです。


<VISIX(ビジックス)について>


VISIX(ビジックス)の開発はカリフォルニア州のシリコンバレー(サンフランシスコ ベイエリアのスタンフォード大学を中心としたエリア)で行われました。


アメリカ最大の軍事防衛産業企業のLockheed Martin(ロッキード・マーティン)の発展と共に誕生したシリコンバレーは現在でも海軍の空軍基地(Moffett Field)やNASAなどがあり、アメリカ西海岸における重要な戦略的軍需基地です。


この地域で開発された「VISIX(ビジックス)」はもともと軍事・宇宙用に開発された大型顕微鏡の波面収差の補正のための「Wavefront(ウェイブフロント)システム」を屈折矯正に応用しました。


VISIX(ビジックス)の進化

1989年 屈折矯正を目的としたエキシマレーザーの販売開始
1995年 VISIX STAR(ビジックス スター)レーザー販売開始
2000年 Wave Scan(ウェーブスキャン)発売開始
2003年 Custom View(カスタムビュー)技術の導入
2004年 フーリエ解析の導入
2005年 IR(アイリスレジストレイション)の導入
2006年 Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)の導入

このように1989年よりVISIX(ビジックス)は飛躍的な進化を遂げています。

「Advanced Custom View(アドバンストカスタムビュー)」は軍事用に開発されたシステムを、「Wave Scan(ウェーブスキャン)」と「VISIX STAR S4 IR(ビジックス スターS4 IR)」に応用した世界最高水準の技術を駆使した屈折矯正手術です。


レーシック分類の基本

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google