数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

Zレーシック

<< Zレーシック(ZLASIK)>>


現在の最新近視矯正手術術式であるZレーシック(ZLASIK)とは、


従来のレーシックは手動で行うマイクロケラトーム(超小型金属刃)で角膜にフラップを作成していました。

しかし、しばしばフラップ作成時のトラブルや感染症が発生したため、より正確で安全な手術を行うことに重点が行われました。

それが、コンピューター制御のもとに行うフェムトセカンドレーザー(FSレーザー)です。

このフェムトセカンドレーザー(FSレーザー)により、正確でしかも非常に安全にフラップ作成が可能となりました。そのフェムトセカンドレーザー(FSレーザー)を使用した代表的な手術がFSレーザーを使用したレーシックです。


そして、このフェムトセカンドレーザー(FSレーザー)の代表機種は、世界で最もシェア広げているイントラレース(IntralaseFS60)ですが、そのレーザー照射時のエネルギーが高く、周辺組織への影響が問題となっていました。

レーザーエネルギーのイメージ


その後、研究開発を積み重ね、ついに Ziemer社 がレーザー照射時のエネルギーを低くした周辺組織への影響を最小限とする新世代のフェムトセカンドレーザーFEMTO LDV を提供しました。

FEMTO LDV


そして、FSレーザーを使用したレーシックの際に使用しているFSレーザー(IntralaseFS60)の代わりに、FEMOTO LDV を使用した場合に、Zレーシック(ZLASIK)と呼んでいます。


同様に、アイレーシックで使用しているイントラレース(IntralaseFS60)の代わりに FEMOTO LDV を使用した場合には、Zレーシック・プラスZ(LASIK+)と呼んでいます。


また、エキシマレーザーにアマリスを使用した場合には、アマリスZレーシックと呼んでいます。

エキシマレーザーアマリス


そして、FEMOTO LDV の性能は、イントラレース(IntralaseFS60)のエネルギー量がミクロン単位であるのに対し、FEMTO LDVではミクロンの1000分の1であるナノレベルでのレーザー照射です。


したがって、低エネルギーでかつ緻密に高周波数での照射が行えるため、角膜切開面の溶融や周囲組織への侵襲がなく、切開面がきれいに仕上がり手術後の回復が早く炎症も少ないというメリットがあります。


つまり、イントラレース(IntralaseFS60)にみられた角膜切開面(フラップ面など)の溶融や周囲組織への侵襲がなく、層間角膜炎の発症を軽減や抑制することができ、さらに安全で質の高い治療が可能となります。


また、FEMOTO LDVは非常にコンパクトであるためエキシマレーザーと同室に設置できるためフラップ作成後の部屋を移動をすることなく、そのままエキシマレーザー照射を行えるという患者にとってありがたいメリットもあります。


ただし、唯一の欠点があります。それはFEMOTO LDVで作成されたフラップ辺縁角度が、マイクロケラトームで作成した角度と同様の鋭角になっており、フラップのズレが懸念されます。


これは、Ziemer社はマイクロケラトームを作成していた老舗であり、その技術をFEMOTO LDVにプログラムし導入しているからです。


FEMOTO LDVの角度:フラップ辺縁の角度はマイクロケラトームと同じでズレ易い
FEMOTO LDVの角度 

Intralase iFSの角度:フラップ辺縁のズレが少なくなる
Intralase iFS-cut


これに対して、イントラレース(IntralaseFS60)もバージョンアップされ、照射エネルギーの低い(Intralase iFS)が開発され、角膜組織のダメージを極力押さえ、しかもフラップのズレをも気にせず、その安全性に信頼性を高めました。


したがって、Intralase iFS は、これまでの世界シェアNo.1の信頼性と更なる高性能を持ち合わせた存在となっています。


このサイトでは、非常に安定した術式で最新の Intralase iFS を導入した、しかも信頼性が最も高い最新式のFSレーザーを使用したレーシックを行っている錦糸眼科をオススメします。


<Zレーシック手術の流れ>


1. 点眼麻酔
眼の診察の後、問題がなければ点眼麻酔を行います。


2. フラップの作成
開眼器でまぶたを開き FEMOTO LDV(FSレーザー)を用いてフラップを作成します。
フラップ作成後、しばらく眼の状態を落ち着かせます。


★イントラレース(IntralaseFS60)ではなく FEMOTO LDV を使用した場合には、Zレーシック(ZLASIK)と呼んでいます。


フェムトLDVの特徴(フラップ作成)


アマリス Zレーシックでは、フラップの作成に世界初となるトップビューカメラ搭載のフェムトLDVを使用しています。従来型のフェムトLDVでは、レーザー照射前にカメラでフラップの位置を確認してレーザー照射を行うことが出来ませんでしたが当院で使用している最新のフェムトLDVは施術中も患者様の眼を確認しながらフラップを作成することが出来るので安全で質の高い治療が可能です。

3. エキシマレーザーによる屈折矯正
フラップを開き、リンクされた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。


4. 消毒・点眼
フラップをもとの位置に丁寧に戻し、点眼をして施術は終了です。


5. 施術後
角膜の状態が安定するまで約15分程度回復室で休憩します。
施術後の診察で問題がなければ、帰宅可能です。


Zレーシック手術の流れ


<Zレーシックの特徴>


■ Zレーシック(ZLASIK)の特徴 ■


従来の「レーシック」は手動で行うマイクロケラトームで角膜にフラップを作成していましたが、しばしばトラブルが発生したためより安全なコンピューター制御のもとに行うフェムトセカンドレーザー(FSレーザー)でしかも正確にフラップ作成が可能となりました。


  マイクロケラトームからFSレーザーへ


そのFSレーザーの代表的な機種は、世界で最もシェア広げているイントラレースFSレーザー(IntralaseFS60)ですが、そのレーザー照射時のエネルギーは高く、周辺組織への影響が多少問題となっていました。


その後、Ziemer社が研究を重ねレーザー照射時のエネルギーを低くした周辺組織への影響を最小限にとどめた新世代のFSレーザーである FEMTO LDV を開発しました。


FSレーザー


そして、フラップ作成に使用する FSレーザーであるイントラレースFSレーザー(IntralaseFS60)ではなく FEMOTO LDV を使用した場合には、Zレーシック(ZLASIK)と呼んでいます。


同様に、アイレーシックで使用しているイントラレースFSレーザー(IntralaseFS60)の代わりに FEMOTO LDV を使用した場合には、Zレーシック・プラスZ(LASIK+)と呼んでいます。


  Zlasik+


FEMTO LDVの性能は、イントラレースFSレーザー(IntralaseFS60)のエネルギー量がミクロン単位であるのに対し、FEMTO LDVではミクロンの1000分の1であるナノレベルでのレーザー照射です。


低エネルギーでかつ緻密に照射が行えるため、角膜の切開面の周囲組織へのダメージがなく、切開面がきれいに仕上がり手術後の回復が早くなり炎症も少ないというメリットがあります。


つまり、イントラレースFSレーザー(IntralaseFS60)にみられた角膜フラップ面などの溶融や周囲組織への侵襲がなく、層間角膜炎の発症を軽減や抑制することができ、さらに安全で質の高い治療が可能となります。


  すっきり爽やか


<レーシックの利点・メリット>


●裸眼で生活できるので目への負担が減る。
●手術後の視力回復が早い。
●視力が長期的に安定する。
●手術時間が両眼で約20分と非常に短時間で入院の必要が無い。
●メガネやコンタクトレンズの脱着や手入れのわずらわしさから開放される。
●メガネやコンタクトレンズによる眼精疲労や肩こり、頭痛から解消される。
●点眼麻酔をしてから手術をするので、手術中に痛みを感じることがない。
●他の視力矯正手術に比べ手術中や術後の痛みがほとんど無い。
●安全性と効果が厚生省で確認されている。
●初期コストがかかるが維持費がかからない。
●美容上や職業上有利となる。


<Zレーシックの利点・メリット>


◎レーシックのメリットに下記のメリットが加わります。
◎ウェーブフロント技術の導入で一人ひとりの高次収差を測定が可能。
◎高次収差を補正することによって患者一人ひとりの最適な「見え方の質」を実現。
◎最新FSレーザーにより高品質なフラップの作成が可能。
◎すべての手術過程をコンピューター制御のレーザーで行うため安全性が高い。
◎高品質で、合併症の発生率も低い。
◎精度の高いフラップのため角膜の強度も保たれる。
◎夜間でもにじむことが無くクリアな視力が可能。
◎再治療の確率が低い。


<Zレーシックの欠点・デメリット>


▲高次収差を補正するための角膜厚を必要とする。
▲角膜の薄い人は適応外になることがある。
▲理論通りの高い視力が得られない事がある。
▲詳細な検査が必要なため長時間を要する。
▲フラップ角度が鋭角のためズレが懸念される。
▲「過矯正」による「見え過ぎ」に注意が必要である。
▲最新術式であるため実績が少ない。


レーシック分類の基本

Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google