数多くのレーシック成功例や失敗談から眼科クリニックの設備、導入機器、
執刀医について調べた結果、失敗しないヒントが見つかりました!

オールレーザーレーシック機器

近年、新しい技術を取り入れた「最新型レーシック」が提供されていますが、基本は高性能コンピューターの制御によるFSレーザーが利用されており、正確で綺麗なフラップ作成が基本となっています。

この正確で綺麗なフラップが第一条件で、高性能エキシマレーザーその人に最も適した照射方法を採用し患者の希望するライフスタイルに応じた視力回復が可能となります。
現在、高性能FSレーザーとエキシマレーザーを用いたイントラレーシックであるオールレーザーレーシックが最も定評があり、安全で信頼性が高くなっています。
さらに、オプティカルゾーン「OZ」トランジションゾーン「TZ」を考慮することにより「ハロー」や「グレア」などの後遺症、合併症を最小限に抑えることが可能となっています。
◆◇◆ 現在、最も安定して定評のあるレーシックは「オールレーザーレーシック」です! ◆◇◆

LASIK術後周辺部角膜炎と続発するDLK

LASIK術後周辺部角膜炎と続発する DLK(2005年8月)

あたらしい眼科

LASIK術後周辺部角膜炎と続発する DLK(Diffuse Lamellar Keratitis)

Diffuse lamellar keratitis(DLK)は、1996年にMadoxらがSand of Saharaとして報告し、1998年にMalineyらがDLKとして疾患概念をまとめた疾患である。LASIK(laser in situ keratoleusis)術後にみられる層間の無菌性炎症細胞浸潤で、発生頻度は5%程度であり、早期に発見すればステロイド点眼や内服が効果的であるが、炎症が憎悪すると角膜実質融解を起こし遠視化や遠視性乱視をきたし、不正乱視や瘢痕のため矯正視力が低下する。特殊なDLKとして、フラップの外側に濃い三日月状浸潤が出現し、炎症細胞が徐々にフラップ下に浸潤してくるタイプがある。この症例は25歳の女性で…

京都府立医科大学眼科 稗田 牧

LASIK術後周辺部角膜炎と続発する DLKを全文表示


Last UpDate 2015年9月13日

人気眼科クリニック

【最先端の医療法人】
   最先端の医療法人
「ハロー」「グレア」防止に「こだわり」がある医療機関で常に最新高品質の技術を追求しているオールレーザーレーシックを行っている施設です。

【芸能人の御用達】
  芸能人の御用達アイレーシック
さまざまなジャンルの著名人が口コミで集まる御用達施設で、信頼性が非常に高い医療法人の施設です。

【スポーツ選手専門】
  スポーツ選手専門アイレーシック
過酷な条件下のもとで厳しい視力が要求されるプロスポーツ選手に定評の高いクリニックです。

【低価格で生涯保証】
  低価格で生涯保証
高品質でハイレベルにも関わらず低価格で、しかも生涯保証付きのイントラレーシック&アイレーシックが受けられる最近人気の施設です。

【人気No.1クリニック】
  品川近視クリニック
レーシック手術症例数が日本一で、最も人気の高い施設です。常に最新機種を導入し、最新Z・アイ・イントラレーシックの全てが受けられます。

【信頼のZレーシック】
  品川近視クリニック
最新のZレーシックが格安で受けられます。 人気No.1の施設で多くの有名人が受けています。

  最新情報を配信!
  バナーをクリック!

 My Yahoo!に追加
 Add to Google